fc2ブログ

胴鎧を作ってみる その11 仮組立

P1100302.jpg
P1100303.jpg

ついにようやくなんとかここまでたどり着きました。
ヽ( ´¬`)ノ

未経験なので、仮型紙からできた形はやはり限界がある。
とは言え、ゼロからやって洒落にならない失敗がなければオッケかな。
気になるとこも、不満もあるけど、修正できないところは仕方ない。
全体のシルエットが滅茶苦茶でなければいいや。(笑)

この背当ても、基本的には胸当と同じ苦労と感想かな。
センターを気をつけ、左右の均等をよく確認し、ミリ単位で確認する。
合わないときは見た感じで平均的なところで妥協する。
そもそも手作りで、ボコボコしたもので左右同じになるわきゃねーよ。(笑)


今回も胸当と同じ、段差の隙間が手間取ったかな。
ぴったり隙間でないし、2~3段目は可動式にしてあるからその具合も大変。
キツイと動かないし、ゆるいとバカになるし、加減が難しいのだ。

なんていう苦労はユーザーは知らない。
それがそれであると当たり前に思っているだけ。
その微妙な加減をお出すのにウン時間も使っているなど想像だにしない。

反対を言えば、それほど難しいように見えないところに技術が集約されていることになる。ゴツゴツしているとか、きらびやかとか、ハデハデとか見たもののゴージャスなど、しょせん飾り物の目眩ましね。
不具合がなく、着心地を考えない自然なものこそ高級で偉大な武具なり!
(・ω・)ノ

というわけで、この段階で胸当と背当てが仮完成する。
それぞれは7割程度の途中だけど、今度はこの2つを摺り合わせる。
こいつがまた大仕事なので、やる前から気が遠くなるのだー。(笑)





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.25 2010 胴の胴鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/93-4bc4471a

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世