fc2ブログ

胴鎧を作ってみる その8 背中へ

胸当がおおよそ7割ほど出来上がったら一時停止。
胸当はそのまま放置して、次は背当てに移りまする。
この中途半端な停止とすり寄せが実はかなりのミソ。(笑)

というわけで、背当ても同じようなので同じ部分は省略ね。
胸当の時に撮ってなかった画像は、切り出したままの鉄板かな。
とりあえずこれは仮型紙から切り出した、最初の鉄板の状態ね。

P1100291.jpg

胸当や背当てなどは大きな部品なので切るのは大変。
だけど大きなカーブもないので、切ること自体はラク。
もっと専用の機械があれば複雑な形も綺麗に早く切れるんだろうけど、いろいろ調べてみるとデッカイ機械ばかりで、置く場所も電気もいろいろと大変なので、今のところは市販のカット工具を使うのみ。

以前は金切りばさみで手で切っていたけど、量が多くなると死ぬっす。
特にこうやって量が多くなったり、1.6ミリになるともう手では切れなくなる。
全体の労力を考えると、ある程度の機械化は仕方ないなと思う。
鉄板カットだけでへとへとになって1日終わってちゃたまらんからね。(笑)

カーブのところはこんなササクレが良くでます。
スゲー危ないので、カットしたらその場ですぐ取り除きましょう。♡
小さいならヤスリ。広いならグラインダでさっとナメておくだけでオッケ。
指先のケガはご法度である。
(・ω・)ノ

そうそう、基本的にケガのないように終始溶接革手袋してね。(軍手はダメ)

P1100292.jpg

P1100293.jpg

こっちは火あぶりと、慣らし叩きが終わったところ。
いつもと同じだね。
「火あぶりなんて必要なの?」
と思った人は、火あぶりしないでやってみるといいよ。
全然感覚が違うのでびっくりだ!(笑)
(゜Д゜)





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.25 2010 胴の胴鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/90-b7723285

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世