fc2ブログ

胴鎧を作ってみる その6 イメージ

こうしてまとめてしまうと、ここまであっという間の印象♫
ところがここまで来るのにけっこう苦労しているのね。
でも地味な作業と変化のない作業なので写真取ることない。
振り返ればあっさりとしたものよ。(笑)


なわけである程度の形が見えてきたら全体を合わせてみる。
さっきまで隣合わせの何となくの合せはやってみた。
だけどこうして並べて合わせると引っ張り合ってチグハグ。(笑)

右だの左だの、上だの下だの、角度も基準がなくてバラバラ。
なんだこれ?ここから形になるの?と油汗。
(;´ω`)

「これでも十分形になっているじゃないか!」
なんて言われそうだけど、それは何となくのイメージだけ。
クリップでくっついてるだけで、クリップを取るとぷかっと浮く。;
だからここからクリップを使わないでも合体できる形に修正するのね。

隣り合う一つ一つの部品を細かく細かく修正しながら合わせていく。
その微調整が本当に時間かかり、ある意味そこが作業の本質だと思う。
これで完成だと思ったり、鋲で固定してしまったらナンチャッテ防具だよ。(笑)
そんな胴鎧なら、誰でも簡単に作れるよ。
ヽ( ´¬`)ノ

なかなか理解されないけど、ここまでの仮形成までで3割。
このあとの修正をして仮組み立てまで進めればさらに+4割で合計7割。
つまり微調整だけでそれまでの作業より手間と時間がかかるのね。

西洋甲冑とは、そんな眼に見えない作業こそが真髄。
手抜いたりインチキしちゃだめだよ。
(´ ▽`).。

P1100286.jpg
P1100287.jpg





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.25 2010 胴の胴鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/88-3dc99e30

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世