fc2ブログ

胴鎧を作ってみる その4 スカート

胴体の部分が大まかにできたら、次はスカートね。
厳密にはスカートではなく、下腹当(したはらあて)かな。

胸当は、前屈しても腹に支えないようにヘソまでの長さ。
それ以下は、骨盤周りで独立しているから、そこの部品が必要。
スカートみたいに長いと股間や腿に当たるから、調度よい長さを加えるのね。


話しついでにちょっと脱線。
鎧の部品ではフォールドと呼ばれる部品だけど、意味は知られていない。
(英語:Fauld)いろんな本を調べたけど、この「名前しか」載っていない。
「なんでフォールドって言うんだよ!」ってムキになってあれこれ調べました。(笑)
知ったところでどうでもいいことなのにアホだよね。 ( ´_ゝ`)

それで分かったのは、この言葉は中世の言葉ね。
現代英語のFoldの古い綴り字で、意味はそのまま「折り重ねる」「折り畳む」。
あ~なるほどね~と至極納得しちゃう。(笑)
たしかに「チョウチンタタミ」になるよね。


というわけ、この部品は特に変形は無し。
(ないわけじゃないけどほとんどわかんない)
最下段だけは弱いので折り返し加工を加える。

この折り返し加工は前にも何度か挙げているから詳細はカットね。
珍しくデッカイパーツなので、それ全体に折り返しは面白い。
だから簡単に連続撮影してみました。(笑)

ゆっくり綺麗に叩くとこうやってもわ~んって曲がるんだよね。
何でカーブした鉄が外側に反り曲がるかって?
そりゃ鉄に聞いておくれ。(爆)
(・ω・)ノ

わたしゃ機械でプイ~~~ンとかインチキしないよ。♡

P1100276.jpg

P1100277.jpg

P1100278.jpg

P1100279.jpg





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.24 2010 胴の胴鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/86-507441b6

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世