fc2ブログ

胴鎧を作ってみる その3 形成

まずは胸当の板金作業からスタート!
よく解らないけど、イメージする形を思い浮かべながら少しずつ叩く。
今回も特定の図面があるわけではないので、一気に完成させない。

まずは1枚目をある程度進め、2枚目を進める。
1枚目と二枚目を合わせて整える。
二枚目と三枚目を合わせたら、1,2,3をセットであわせる。
こうして4枚目まで大まかに合わせて基礎形成がすむ。

言葉で書くと簡単だけど、感性サンプルも原型も図面もないからホント悩ましい。
そうしたいか、どうなるかはまったく解らず、まさに手探り。
暗闇で手探りで進むようなものだから、とにかく進みが悪い。
何やってんのオレ!状態。(笑)

長い時間を掛け、とりあえず大まかな形ができたら実際のサイズを計算してみる。
最初に身体測定したボディーサイズが、ここで重要になるん。
計るとカーブしたり歪んだりして想像と異なっているところが出てくる。
想定したサイズと違うと思ったら、良く良く考えて不要なところをバッサリ切る。

しかしこのカットが怖い。(笑)
「本当に切っちゃっていいの?」を何度も何度も考える。
鉄は切ってしまうともとに戻せないから、下手に切ると命取り。
溶接でくっつけ直すなど論外のインチキね。
ヽ( ´¬`)ノ


というわけでこんなもんだろうと縁の加工を入れてしまう。
ところがぎっちょん!これが後でエラい目に合うのだった。(笑)
縁加工はあとから修正ができないので、本当に最後の最後なのね。
この痛い経験はいい勉強になったよ。
急がば回れだね。
( ´_ゝ`)

なぜかというのは、この後にわずかの修正をしていると、縁がすこしずつ離れて行く。
ほんのわずかのズレだけど、合わせてあるものは少しだけずれて気持ち悪い。(;´д`)

「縁は最後の最後!」これテストに出るよ。(笑)♪

P1100280.jpg
↑胸当の一番上。首もと。

P1100282.jpg
↑胸当の上から二番目。脇のカーブは悩ましい。

P1100283.jpg
↑上から三番目。横に長いので形が整いにくい。

P1100284.jpg
↑一番下。ちょうど腹周りになるかな。

P1100288.jpg
↑これは下腹当。一番下の飛び出したやつね。





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.24 2010 胴の胴鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/85-4888d4e0

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世