fc2ブログ

西洋兜の改造 その5 追加

そう言えば、後から追加した部品があったのでちょっとおまけ。

↓これは側面に鉄板を付け足したところね。
ちょっと分かりにくいけど、前の画像と比較すると分かるよ。

ちょうど面頬と錣のつなぎ目が空いていたので、それを埋める目的。
最初の予定では不要だったけど、安全のためやっぱり追加。(笑)
最初から言われたら楽チンだったけど、追加変更はまぁ仕方ナイよね。
(追加変更の方が面倒で厄介だからグッと高くつくよ)
(*´∇`*)
VFSH0035.jpg
VFSH0033.jpg
↑ちょいと分かりにくいけど、こんな部品を作った。
左右の2個で、画像は表と裏ね。
時間があればもっと綺麗にしっかり作りたかったけど、いつものことながら時間と予算が限られているので、できる範囲でそれっぽく作っておしまい。何か気持悪いけどこれで良いというのだから良いのでしょう。(笑)



↓さてこちらはその追加部品の拡大図。
部品が追加されて下に延長しています。♡
「ここに鉄板を追加する」と一言だけど、やる方はそんな簡単ではなく、切っただけの鉄板をくっ付けるような単純な話ではないのね。
なぜなら垂直水平ではないし、面頬が当たるし、錣が当たるし、最初に付けたストッパーの突起が邪魔をしているので、それらの問題を全部クリアして形作ってくっ付けないとダメ。一つでも条件がクリアできないと取り付けられないし、強引にくっ付けても動かなくなる弊害が生まれましゅ。
┤´д`├
個人的にはそのような具合が良いことと、綺麗に、そして自然になっていることが望ましいので、どうしても手間がかかっちゃうんだよね。でも逃げないで、できる範囲で良いものを目指しました。(笑)
VFSH0038.jpg
VFSH0036.jpg
↑で、こっちは面頬を閉じて、錣を上げたところ。
面頬がしっかり閉じて、ストッパーで止まる位置をキープ!
錣を上げても隙間が空かないようにちょっとおまけ付き。♡

重なっている部分は奇妙にカーブしているので、それが一番苦労したね。
気持悪いカーブを作らないと、錣とこすれて錣が動かなくなる。
画像では伝わらない、何とも気持悪い艶かしい形状に自分でも笑ってしまうけど、本物の西洋甲冑ならこれくらい当たり前なので、根を上げずに楽しくやれたよ~。(笑)
ヽ(´▽`)/

とりあえずこの兜はこれでおしまい。
「こんなひどい兜はないよね」と笑っていたが、
技術と資金を注ぎ込めば、これだけ良い兜になるのね。♡





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.16 2010 修理・改造作業 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/76-8a450e38

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世