fc2ブログ

首鎧を作ってみよう その16

とりあえず基本のならし叩きを進め、全体の形成へ。
こんなデッカい部品と、平べったい部品は初めて。
本来、西洋甲冑でこのような部品はありえない。

形成の都合で、鎧は必ず大きな3次元立体物か、綺麗にカットされた小さい2D。
これは強度を保たせることと、細工のしやすさで別れている。
だけどこの部品はどっち付かずの最悪な部品。
デッカいのに2D立体。
(ノД`;)

言うまでもないが、ベガベガに歪みが出る。
ダッダーン!ボヨヨンボヨヨン~。
P1100139.jpg
P1100140.jpg

↑そのグニグニ歪む、そして非常に手で持ちにくいキチガイ部品と格闘。
いやはや、こいつは本当にすごい経験だよ。
なんど放り投げてブチ壊そうと思ったことか。(笑)
Σ(゚皿゚)

正面画像からだと何となく分かるけど、部分部分で意外に立体。
さすがに鉄板を丸めただけの2Dでは形にならず、あちこち形成~。
定規を当てると分かるけど、平面や直線はほとんど無いよ。♪

ある程度立体ができたら、下縁を曲げて形を安定させる。
このL字に折り曲げると、一気に硬直化して曲がらなくなる。
適当に曲げると後で取り返しのつかないことになるので細心の注意が必要だが、何を持って何をどう注意したら良いのか分からないのがくせ者。
゚(´O`)°゚





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.29 2010 首の首鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/65-6ff7049e

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世