fc2ブログ

首鎧を作ってみよう その11

↓というわけで、ヨダレ掛けの前後を合わせる。
面がプカプカしないように、丁寧に形を合わせる。
何度やっても合うわけないんだけど。(笑)

でもきちんと合わせないと首周りが着けられない。
無理に着けても、今度は開かないなど難問だらけ。
だからどんなに時間がかかっても根を上げず、ひたすら合う形を探す!

この画像は、最初の頃だと思う。
このあとずいぶんと調節したはずで、あとではだいぶ形も変わってるね。
夢中になり過ぎて写真撮るの忘れた。(笑)

P1100115.jpg
P1100116.jpg


↓上から見るとよく解るね。(笑)
肩甲骨から肩のラインに掛けて、人のラインになっている。
たんなる2Dペーパークラフトじゃないよん。
こっちは凸、こっちは凹、こっちはイン、こっちはアウト、などなど。
肩から首に掛けて、うねうねと3Dに鈑金したのは見ると面白い。♪
画像では伝わらないのが残~念。♡
P1100117.jpg





↓さて完璧に完成させるのではなく、少しずつ進む鉄則。
だから出来上がった首周りのパーツを当てて、全体の形を見る。
当然首周りを合わせると、ヨダレ掛けの前後も形が崩れる。
崩れたら首周りに合うように修正する。

こんな感じで、合わせて叩き、修正して合わせる、の繰り返し。
たぶん数十回、数時間これを繰り返し、目的の形になるまでやる。
はっきり言ってバカです。(笑)
P1100118.jpg
P1100119.jpg
↑画像を見ても分かるけど、まだ隙間だらけだし、首のラインが変。
いじればいじるほど歪んでくる無限地獄。 ( ̄_ ̄|||)
希望の一つを得るのに、10くらいの手間がかかる、首周りの合わせ。

手作りした3D立体のフニャフニャ4点のパーツをぴったり合わせる。
これがどれほど難しいかは、やった者だけしか分からない。
こんなの無理!と投げ出したくなるよ。(笑)

ようやくぴったりになっても、今度は他の部分が気になる。
当然希望するように修正するけど、そうするとさっきのところがまたずれる。
よほどの忍耐と物好きじゃないとこれはかなりきついゼ。





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.28 2010 首の首鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/60-1b5a7835

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世