fc2ブログ

首鎧を作ってみよう その9

↓首周りがきちんと出来上がったら合体!
本来なら蝶番で連結させるのだけど、今回は事情が異なるのでちょいとばかし工夫を凝らし、革でフレキシブルにしてみたさ。
簡単に言えば、横の動きと縦の動きの両方が欲しかったのね。
こんな構造は作ったことないんだけど(実際にもない)、
デザインが決まっているので、それに合わせて勝手に考えてみた構造。
うまく行くかどうかは分からないけど、散々ぱら何時間も考えた。
これでダメならどうしようもないと思ったよ。
なんかいつも勢いだけでやってます。(笑)

P1100104.jpg


↓鋲は半留めなのでこんな感じでぐい~っとずれる。
でこのまま上に上がると顎に当たって開かなくなる。
なので次のようになる。♡
P1100105.jpg


↓上に上がりながら、向かって右側に傾く。
これによって顎から顔を避けて開くことが出来る。
わ~い!予定通り!
なんて喜んでいるけど、設計図も図面も無しのぶっつけ本番のみ。
たまたま運よく予定通りになって自分でもビックリ。(笑) ←バカ
P1100108.jpg





↓さて残りの反対側はこんな感じでポッチ鋲が着けられる。
これを着けないと勝手に開いて危ない。
首の肉を挟んで「アウチ!」じゃ困るからね。(笑)

それと前述と矛盾するけど、ぴったりすぎると本当に首の皮を挟む。
だから実際にはほんのちょっぴり隙間を空けて、角を丸めるのね。
それくらい工夫しないと「防具のために防具」が必要になっちゃうよ。♡
P1100106.jpg
P1100107.jpg

↑ちなみにこっちは開いたところ。
説明では難しいんだけど、この前後ぴったりになっている首周り。
実際には首周り後ろパーツの方がちょっとだけ大きく出来ている。(開いている)
そうすることにより、重なった部分が内側から押し当てることになる。
なので閉じられているときはぴったり感が強く、簡単にカタカタしない。
どれくらいの力かは説明できないけど、この具合はとっても大事。
ゆるくてもずれるし、キツくても開かなくなる。
何度も何度も調節して使いやすさを優先しよう!





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.28 2010 首の首鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/58-853bdc9a

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世