fc2ブログ

首鎧を作ってみよう その4

さて、ヨダレ掛けの前後がおおまかにできたら、次は首回りざんす。♪
今回は簡易式の1段作りで~す。
欧米人のように3段作りとかがカッコいいけど、難しいし必要なし。
首の周りを固定するためだけだから、1段でオッケー。

首回りは、前後の2部品でできちょります。
本当の首鎧はハーフサークルで各50%ずつ。
だけどヨダレ掛けのサイズに合わせてこっちも割合が変化する困ったさん。
6:4くらいで、首回り後が大きくなりまっす。

というわけで、まずは「首回り後」から造る。
形はアホみたいに単純なので、鉄板がとっても弱いのね。
だから縁に捻り返し加工を加えて強度を保たせる。

↓ 以下はその捻り返しを加えていく様子。
無理に曲げるので、変形が著しいけど、最後には何とかなるもの。
少しずつ変わる鉄を楽しんでちょんまげ。♡
P1100034.jpg
↓ まずは外側に膨らむように叩き曲げる。
P1100035.jpg
↓ 強い力でなく、少しずつ倒して広げる。
P1100037.jpg
↓ 最低でもこれくらい(80度ほど)まで倒す。
P1100039.jpg
↓ そこから今度は反対に折り曲げなおす。しっかり丁寧に。
このときの曲げで、最後の仕上がりにそのまま反影されるよ。
P1100041.jpg
↓ ある程度曲がったら、全体的に丸める。
P1100043.jpg
↓ あるていど曲げ、形がU字状のトンネルになる。
P1100045.jpg
↓ 端をもう少し丸め、強化用に針金を入れる準備をする。
P1100047.jpg
↓ 針金をかませて、そのまま叩いて丸めていく。
P1100052.jpg
↓ 綺麗に丸め込んで、全体的に綺麗に整える。(まだおおまかだけど)
飛び出ている針金もカットし、これにて基本的形成が完了!
面白かった?
P1100054.jpg





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.03 2010 首の首鎧 comment2 trackback0

comment

マクシミリアン
必ず入っているわけではないですが、
首周りなど、一定の形にはしばしば入っています。
強度が上がるので、面倒でも入れるようにしています。♪
2010.04.12 22:34
ギシュクラ・ヤーノシュ
芯に針金が入っているのですね。
一つ勉強させていただきました。
2010.04.10 19:04

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/51-2a8f9e36

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世