FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ドイツ剣術団体を創設します

 2018年新年おめでとうございます。
 1年前も新年の挨拶したけど、1年はあっという間ですね。
 
 さて唐突ではありますが、このたびドイツ剣術ロングソードの剣術団体を創設することになりました。ドイツ剣術に触れて10年を迎えたのでちょうど良い区切りでございます。まだ活動内容は未定ですが、少しずつ活動を進めたいです。
 
 『シュタールヴァーチェ』と呼ぶ団体名で活動します。タイトルにすると『Historical European Martial Arts. Liechtenauer Langschwert-Studiengruppe "Stahlwatsche"』です。訳すと『歴史的ヨーロッパ武術、リーヒテナウワー式ロングソードを勉強する会、シュタールヴァーチェ』ですね。

PdKStslX7EwBzp51515835016_1515835144.jpg


 今回のシュタールヴァーチェ設立は、オーストリア歴史剣術研究団体「ドラインシュラーク」の認定と協力をいただき設立の運びとなりました。ありがたいことです。

オーストリア歴史剣術団体「ドラインシュラーク」とは?→ここをクリック

 団体は主に中世ドイツ剣術のロングソード剣術を勉強する目的で活動します(ロングソード限定)。試合やスパーリングは原則行わず、ドイツ剣術ロングソードの歴史や理論を学び、体現を目的とした活動を行います。勝敗を目的とする試合、スポーツ、エクササイズ、護身術ではなく、歴史学術研究が目的の団体です。型や道理を学ぶことで、イラストや小説の参考になればと思います。

 まだ公式サイトもなく詳細は決まっていませんが、下記の内容で活動予定です。

団体名:「シュタールヴァーチェ」(Stahlwatsche)
設立:2018年1月より
活動内容:中世ドイツ剣術、ロングソード剣術の分析研究と理解と体現
練習場所:未定
年会費:未定
参加費:未定 ※施設によって利用料が変化します

1

・練習場所
 初期は練習場所やメニューが定まっていません。レンタルルーム、道具代などにより有料活動になります。

・参加資格
 一般日本語の説明が理解でき、指示に従うことができる知能を有すればどなたでも参加することができます。他の団体で剣術を習っている方はトラブル防止のため事前にご相談ください。

・道具
 国内では金属剣が使用できないため、専用の樹脂製ロングソードを利用します。樹脂性ですが重量は実物と同様で堅固なため、手や顔に当たると怪我をしますので真剣な練習が求められます。剣を振る練習では手袋を着けますが、上達した練習ではフェンスングマスクを使用します。
 練習用ロングソードはシュタールヴァーチェで購入準備しています。価格などは検討後発表となります。初めは自作した剣やレンタル剣でも参加できます(有料レンタル)

・保険
 団体はスポーツ保険に加入していませんので、怪我の補償はありません。不安のある方は個人で保険に加入することもできます。

以上です

 詳細はいずれ発表したいと思います。気になることがあれば公開、非公開にかかわらずコメントしてくださいませよろしくでございますます。





※文章画像の無断転載厳禁

スポンサーサイト
.13 2018 ドイツ剣術 comment1 trackback0

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.01.21 04:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/505-a73ad520

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。