FC2ブログ

鎌倉と日光の旅行に行ってきたよ♪

 忙しくてなかなかブログ更新ができないけど、オーストリアから友人が日本観光に来たので、ちょっと一緒に観光へ行ってきた。なんとなくの思い出や感想とか書いときますね。

 以前にもブログで書いたけど、友人はオーストリアの剣術団体「Dreynschlag」メンバーで、その友人たちの計4人団体で日本観光にきたのでした。あちらはイースター休暇ってのがあって、長期的な春休みがあるぜよ。日本のゴールデンウィークみたいなもんで、地域によって違うそうだけど、1週間とか2週間とか連休になるそうですよ奥さん!

 ってことで4人は2週間半ほど日本滞在であちこち観光する予定で来日。具体的な過密スケジュールを組まないところがヨーロッパらしいなと思うので、基本はノープラン観光って言ってた。すげーアバウト(笑)。

 日本到着早々に荷物が他の国へ運ばれちゃって、後で日本へ返送されるんだけど、国内の滞在先は不定期なので荷物が受け取れず、急遽我が家の住所で荷物受け取りになった。あらかじめトラブルの時は住所を使ってくれと言っておいたので良かったですね。トラブルが起きた時にその国でベースキャンプがあるってのはマジ助かるそうだ。皆さんも外国に行くときはフェイスブックで友人を作っておきましょう!

IMG_1829.jpg

 4人は許可取ってないから一応匿名モザイクにしておきますよ。背の高い男性二人の一人はいつもの友人で「Dreynschlag」のメンバー。日本語が堪能なウィーン大学の日本語学科の博士ですね。もう一人の男性も「Dreynschlag」メンバーで主に格闘をメインにやってる人で、インストラクターとかもする強い人。身長2メートルちょっとあるので戦うと確実に殺される(笑)。

 女性二人は「Dreynschlag」の正式メンバーではないけど、剣術つながりでしばしば一緒にイベントなどに参加してる。正式メンバーとかそういうのじゃなくて参加できる団体は結構ゆるい感じなので、誠意や熱意があれば歴史サークルはだいたいオールウェルカムなんだよね。素敵♡

IMG_1843.jpg

 女性の一人は美術品修復科専攻の大学院2年生。すごい倍率と高いハードルの学科だけど、大学の授業料全額無料なのがあちらのすげーところ(微量はかかっても実質的に無料同然)。もう一人の女性は生物学の博士号を取得した製薬会社勤務で、馬上アーテェリーやってる人。動画見せてもらったけど多分見たことあるので、もしかしたらすごい人かも。日本語で会話できるのは4人中2人だけなので、もう2人はどうしても通訳が入ってしまい、コミュニケーションがイマイチで残念!

 東京に到着してからしばらく時差ぼけがあるので、遠出はできず。なので初めは東京観光をしたそうだが、人が多すぎてぐったりしてしまったとか(笑)。確かにこんなに人がいる都市は他にそうないかもしれない。

 東京にいる間で簡単に観光できるところとして、神奈川県の鎌倉に行くことになり、遠くないので一緒に同行することになったン。日本は分単位で電車の乗り継ぎを計算して1日の大まかな流れを考えるんだけど、ノープランだからものすごいのんびり(笑)。全くせかせかしていないのはある意味見習うべきかもしれないね。

IMG_1858.jpg

 外国人の人と旅行して思うことは、とにかく質問が多い。専門知識の質問ではなく素朴な疑問が多い。日本人でも考えないことをバシバシ質問するので雑学がないと苦慮する。幸い自分はどうでも良い雑学ばかりをなんとなく知ってたので答えられたけど、普通は「わからない」でしらけるかもしれないね。

 質問ていうか、疑問かな。なぜそうなっているのか。なぜそれがあるのか。なぜそれをするのか。何となくだけど歴史や地理と絡めた理由を説明したり、時代や文化背景の元でそうなっていると説明した。具体的なことが知らなくても、概要や流れ、意味や由来を知ることで喜んでもらえる。基礎知識もない外国人に〇〇天皇とか〇〇関白とか説明したってわかるわけないので、素人に説明するのは表面的な方が喜ばれる。

 あと説明をよくしたのは、慣習やルールかな。2人は日本に何度も来ているからいいけど、あとの2人は初めてなので慣習がわからない。何をして良いのか、何をしてはいけないのか。それも一つづつ説明してったけど結構大変なのだわさ。日本では日常的に当たり前でも、当たり前の基準がわからないので、時々とんでもないことをする。賢いのでトラブルはないけど、事前に説明することが多いのは「常識とはなんぞや?」を考える意味でこちらが勉強になったのう。

IMG_1934.jpg

 しかし何だ。小学生の歴史年表くらいは頭にないとダメだ。意外なのは生物や化学の話が結構出ること。オーストリアはドイツ語方言だから、ドイツ語と英語と日本語が混じって無茶苦茶な会話が飛び交ったけど、基本的な理解や解釈がないと英語どころか日本語でも詰まるので、朝学であってもあらゆることを知っていることの重要さを新ためて痛感したですよ。日本語学科の博士がいたからだいたい補佐してくたけど、それでも言葉や表現でかなり頭使う。普通の日本語や漢字でもその意味を説明するのは以外とハードル高いぞな。

 別の日に旅行へ行ったのが日光ですな。これもノープランで同行したけど、ま〜気ままな旅でしたよ。4人は自然派なので、東京よりはこうした自然の観光地の方がいいみたい。東照宮や中禅寺湖など、基本的な観光地を回ってきました。日光は多分20年ぶりくらいに来たけど、以前に比べて随分と街が綺麗になっているなと感心した

 日光は日帰りじゃきついから、さすがに宿泊したけど、今の時代はスマフォでワンタッチ予約とか検索とか、その場でできるからすごい時代だし、どこもかしこも外国人だらけで、英語でのメニューや案内がたくさんあることにびっくりした。20年くらい前は「もっと英語表記しろや」とか思ったけど、ようやくそんな時代になったんだなと思った。しかし英語より中国語やハングルの方が多くないか?と思ったのは気のせいだろうか?

IMG_1968_20170427141915f7d.jpg

 今回皆さんと旅行できたことで良かったのは、以外と剣術の話ができたこと。剣術団体「Dreynschlag」のメンバーなので、具体的な話もできたし、意見交換もできたので良い機会だった。せっかく勉強したなら日本でサークル活動しなよ!と強いプッシュを受けたけど、とにかく忙しいので悩ましい。サークル名のアイデアも提供してくれるし、なんでも支援すると言ってくれてありがたいなと思う。
 
 今のところ具体的な活動や内容は何も考えていないけど「Dreynschlag」で支援してくれるなら、日本で何かやってもいいかねぇ?とは思ってる。場所だの時間だの費用だの様々な問題があるけど、難しいことは置いといて、知識剣術サークルをやってみるのは面白いでしょう。交流はありがたいですね。

 ドイツ剣術を勉強しても具体的に会話したり意見交換できる機会は日本ではまずない。本場オーストリアの人が学術的な知識と解釈で日本語で会話してくれるのはホンマ嬉しかったよ。日本語でダンツィッグとかバウアンファイントの単語を使って会話ができるなんて夢にも思わない感動だった。私の解釈や知識も素晴らしいと褒めてくださり、それを広めないのはもったいないとまで言ってくれた。嬉しいですねぇ。

IMG_2048.jpg

 メタクソ忙しい中だったけど、ありがたい機会を誘われて無理して一緒に旅行へ行かれたのマジ良かった。博士と修復士学生さんは時々日本へ来るのでまた近いうちに会えるでしょう。その時にまたあれこれ相談してみようかと思うのでしたマル。


 
 以上。最後まで読んでくれた人ありがとさんね。





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.29 2017 日記、お知らせ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/482-16b22f68

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世