FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「西洋甲冑造りた〜い」って思うとき その11

  「西洋甲冑を造りた〜い」と思ったときに、何をしたらいいか、の簡単なお話「その11」だね。昔に三浦さんからもらったアドバイスや話を思い出しながら、何となく書いてみたので、これから西洋甲冑を作ってみたい人は参考にしてみてね。
(・ω・)ノ

三浦アドバイス、その11
『まず自分の能力と環境を知ること』
 西洋甲冑を作ろう!西洋甲冑の勉強をしよう!となるとき、むやみやたらに始めるのは無謀ってもんで、物事を始めるためには(始めたら)情熱と勢いも大切だけど、同時に周りと道のりを分析する冷静さも必要ダベ〜ってお話です。
 
 海外の学者さんのように、両親が優れていて、家が立派で、育ちと環境が良くて、頭が良くて、友人に恵まれ、先生に恵まれ、金銭的に何の不自由もなければ学者になれるんでしょうけど、そんなのは万に一人だから、パーフェクト成功者を基準に考えちゃいかんですね。

 何事も努力して頑張ったからといって誰でも同じ結果になるわけじゃない。人は生まれた時代、生まれ育った家族と環境、親の能力と職業、親の財力と人間関係、自宅の大きさや設備の有無、自分の健康や才能、頭脳と身体の得意と不得意、卒業した学校や友人関係、興味を持ったことや長年続けた趣味、好きなアニメと音楽、etc… 上げれば切りないけど、人にはそれぞれ異なった環境と能力があるん。

 ほんで三浦さんはこれを説いてた。人は同じでないことを知り、自分の能力と育った環境をまず理解することが、可能性であり近道。そして条件は必ず不足しているので、不足を嘆くのではなく、有るものを最大限に生かすこと、ってお話。効率の悪い無謀な努力をすること、出来もしないことを延々と続けていること、など、限られた時間と金銭の中で、自分を客観的に観察し、効率の良いことと、可能性の高いことを選択しましょう、ってことですね。

 この話は漠然として伝わりにくいんだけど、たとえば大きな作業場が欲しいからと、コツコツアルバイトでお金を貯めて広い土地と工場を購入するのはあまりに遠回りすぎる。静かな住宅地のボロアパートだけど大型アンビルと炉を置いて大規模作業するのは不可能。両目が見えないけど根性で頑張るとか、ダメではないけど考えるだけで条件が悪すぎるものは、あまりに効率が悪いので賢くない。

 例はきりがないけど、希望と現実にどれほど乖離があるか? またはその乖離を埋める可能性はどれくらいあるか? 可能性があるけどどれほどの期間と経費が掛かるのか? を漠然とでも自分の能力と環境を考え可能性を精査するのがだいじみたい。

 それを考えないと時間とお金はあっという間に無くなっちゃう。西洋甲冑を造るも勉強するも、とにかくひたすら時間とお金が掛かるので、無制限に無期限に時間とお金は賭けられないからこそ、希望を形にするために効率の良い時間とお金の使い方を考えるべし!ってことのようです。真剣に物事に取り組む人ほどこの分析をよくやっているよね。

 希望することをすべて努力でつかみ取るのは無理。すべてをお金で解決するのは無理。できることは時間とお金の効率よい使い方をするだけ。自分が得意なことでお金を稼ぐ。実家の稼業を使って手っ取り早く資金を稼ぐ。他人が不得意なことを引き受けて代わりに自分が苦手なことを誰かにやってもらう。実力がなくても信用を積み重ね支援者を増やす。普段から病気やケガをしないよう注意し無駄な時間浪費と医療出費を防ぐ。etc…。

 ポーカーやカードゲーム、麻雀やテーブルゲームなんかもそうだけど、初めのスタートからすべて最良の条件が揃っていることはまずないし、どれほど努力しても希望するカードや牌が回ってくるとは滅多にない。努力したり工夫しても確率が上がるだけで、結果がもたらされる保証はない。

 カードゲームで分かるけど、実は流れの中で運のところがかなりある。だからこそ初めからでかい当たりを狙うのではなく、確実に勝てる(結果の出る)条件を拾っていくことが長期的に大切。ポーカーも麻雀も、何度もゲームをしているうちにチャンスが巡ってくることがある。そのことを理解するからこそ、今の状況の中でもっとも可能性のあることから着手して成長する。「今の状況と将来の可能性を考える」って意味では、西洋甲冑の勉強もカードゲームも同じだと思ってる。
 
 だから自分もその考え方を参考にして、自分が持っている知力と体力、家庭環境と親の力、年齢と資金力、時間と可能性、を常に考えて今に至ってる。これが三浦さんの語る「自分の能力と環境を知ること」なのですね。

 なんかまとまりないけど、最後まで読んでくれてありがとうでした。
 西洋甲冑造りた〜い!って思った人は参考にしてね。





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.04 2016 西洋甲冑を造りたい comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/473-4fd192d7

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。