fc2ブログ

鉄兜を造る その30 感想

全部終わったので、最後に感想でも。

この兜は頼まれて作った物なので、完成して渡すと手元には残らない。
当たり前と言えば当たり前だが、造ることが好きなので完成品にはあんまり執着していない不思議な感覚かな。ただ人にはよく「造った品を見せて」なんて言われるけど、手元にないから見せられない。雑誌やテレビの取材相談でもそう答えると「作品がないなら」と断られてしまうこと数回。

こちとら遊びで作っているわけではない。
頼まれた物を造るか、修理の練習でおしまい。
自分の作品をホイホイ造るほど軽くないし、簡単でないし、暇でもない。

とどのつまり、経験と実績は積まれるけど、作品が残らない。
いやはや勉強中だからまだいいけど、この先はある程度残さないとマズイかもね。(笑)


今回の兜は依頼されたデザインと強度。
デザインは決まっているので仕方なし。
鉄で作って強度を保たせる。
溶接も使わないから、分厚い鉄板はとっても苦労したよ。
兜は一番分厚い鉄を使うから、本当に手が痛くなった。
夜に筋肉痛になってキンカン塗って寝た思い出。(笑)

でもこうやって最初からハードな奴が立ちはだかると、頭もやる気もフル回転になって、レベルアップが早いのは確かだと思う。ゲームで言うところの、強い敵を倒して経験値ガッポリってとこかな?(笑)

いま見返すと気になるところはたくさんある。
でも造ったこともない、経験したこともないことにチャレンジできたのは良い機会。
こんな面倒でシンドイことなど、自ら進んでやるとは思えない。
いや、トライしたとしてもまず途中で挫折していただろうね。
そう言った意味で「物造りの責任感」は、芸術家との違いはそんなところにあるような気がした。

このことは三浦さんもよく言っていた。
「芸術家は自分の都合でいくらでも変更できる」
「だが甲冑師は、できなければヘタクソでしかない」
だから「至らない」のはよいけど「できない」のはダメだって。
その言葉は、ずっと頭の中で巡っていたな~。


全体の作業の中で一番難しいと思ったところは、大きさ。
形は技術だけど、大きさはこれまた独特な感性。
サイズを測ってその通り造ればいい?
帽子や頭巾ならそうすればいいけど、被り兜はそうはいかない。

キツいと額や耳が当たり、うっかりすると鼻がすぐ当たる。
それを防ごうとちょっと大きくするとぶかぶかになり、本当のバケツサイズになる。
小さく作って、余裕を持つスペース。
かつデザインが決まっているのだから、好き勝手に変形できない制約。
何たる鬼矛盾。(笑)

この「サイズについて」は一番悩まされた。
ギリギリオッケーもらったが、それじゃ赤点30点クリア。
作り手としては辛くもクリアではダメダメ君。
もう一回造るなら、あれこれ工夫してみたいと思ってみる。
今回は手探りで時間がかかってしまった。;
同じような物を造るときは、たぶん半分くらいの時間でできるでしょう。
何はともあれ、お疲れさまでした。


↓この写真がもっとも目で見たときのイメージに近いかな。♪
P1090936_convert_20100402165040.jpg

実質作業:約110時間
重量:約3kg
材質:鉄1.6mm

実際には失敗や修正、アイデアや型紙などの準備にかなりの時間を使っているので、実質作業時間より多くの時間を費やしている。たぶん150時間くらいと思うけど、時間は結果だから気にしない。オール手作業なんてそんなもんでさぁ。♪
1日8時間やれば、3週間くらいじゃん?
とか思った奴、やってみろ。(笑)





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.02 2010 頭の兜 comment2 trackback0

comment

マクシミリアン1世
鎧好きさま
こんにちは。初めまして。

鉄材はどこでも売っていますので、ネット検索したり、大きなホームセンターで購入してみてください。分からないことは、Yahoo!知恵袋や教えてgooとかだと様々な人が教えてくれるので、疑問はそれらの皆さんにお伺いするのがいいと思います。誰でも何でも教えてくれるので便利ですよ。

甲冑製作を鉄材工作として楽しむのは良いと思いますが、本当に作ろうとするととてもたいへんなので、作る前にまずはいろいろ調べてみるのが良いと思います。何が必要で、何を知らなければならないか、などなど。それを知らなければ鉄板を切ったり穴をあけたりすることさえできないですし、部品ひとつでさえ形が決まらないですからね。
チャレンジ頑張ってください。
2013.06.26 17:13
鎧好き
こんにちは、はじめまして鎧が好きなものです。
質問よろしいでしょうか?
鎧の材料はどのような方法で入手されているのですか、それと金属板の加工をする前には焼き鈍しをしたほうがいいのでしょうか。
自分もこのブログを見ているうちに鎧を作成してみたくなったのです、教えてくださるとありがたいです。
2013.06.24 02:19

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/47-ad8de1fd

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世