FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

脛当を造るぞ その10 折り返し加工を

つづき

 3回めの試着をして最後の確認が終わったよん。

 なんとなく足首に圧力がかかるとのことで、もう少しだけ足首周りを広くすることにした。初めは脚の形でふくらはぎを大きくして、次は裾を広げて歩きやすくして、最後の確認でその二つをつなぐ足首周りを広げる。これで全体の確認ができたことになる。

 足首周りは細ければ細いほどカッコいいので、できれば細くしたいと、数値的にできるだけ細くしたんだけど、靴下を履くなどもあってやっぱりキツいと余裕がなくダメみたい。だからほんの少しだけ足首周りを広げるのでした。5ミリとかほんのわずかでも大きな差が出るので足回りの微調整はとっても大切。

 といってもそこをいじると周りも釣られて少し変形するので、また合わせをするなどで手間がかかるんだよね。足首の補正が終わったらすべての確認をして、もう形が変わらないと判断したら形成はここでおしまい。

 形成が終わったらようやく最後に向かって加工するだけ。まずは形成が終わったことを示す端の折り返し。端を折り返すともう形が変えられなくなるので、これをすると後戻りできない。よくよくしつこいほど確認したら端を折り返すのだ。

IMG_7177.jpg

↑端を折り返すのは何度も説明しているのでここでは割愛。上辺と下辺をこのように折り返して、端の強度を高めると同時に、全体が歪まないように金属の張りが固定される。これは結構面倒なのでナシにする人も多いけど、やっぱり折り返しを入れると綺麗だし強くなって良いと思う。

IMG_7182.jpg
↑全部は同時に撮影できないけど、前後左右の上辺と下辺に折り返しを入れたところ。カーブがきつくて小さく折り返すのでけっこう難しいけど、何でもゆっくりやればけっこう綺麗にできるものじゃ。

IMG_7185.jpg
↑ちょっと解りにくいけど、向かって右は左足の前。向かって左が右の後。

 上辺と下辺に折り返しを入れ、わずかに出る歪みを整えて、最後にいまいちど前後の合わせを整えて、それを左右で同じになるよう整えて、すべてに問題がない形になったと思ったら、最後にもう一度全体の表面を整えて、整えることころが無くなったら造形はやっと終了で〜す!
(゜∀゜)

 画像で見ると意外と曲がって見える。でも人の脚って思っている以上に曲がってて、まっすぐにすると脛当が履けなくなる。片脚でも右側面と左側面はぜんぜん筋肉の形も高さも違うから、左右均等な形で作るわけにもいかず、何十何百と形の確認をしなければならず、ほんと自分との根比べ。

 集中しているのであっという間に時間がたって何日も経ってしまったけど、落ち着いてじっくり進めて、ようやくここまでたどり着くことができた。まだ先はあるけど、困難だった形成がここまでできてスゲーほっとしてる。

 ここで気を緩めず、小さい修正を入れて全体をより細かく仕上げてく。

つづく





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.12 2016 新しく造る comment3 trackback0

comment

マクシミリアン1世
> アルヴィンさま
コメントありがとうございます。
ポンメルの中が中空の記事は私も見ました。意外なことで驚きました。でもそれだと総重量が合わなくなるので、忠君のポンメルは葬儀用か儀礼用のものかと考えました。また中空である実例が少ないので、この発見はやや懐疑的です。
その他、サレット兜の飾りリベットも中空だとありました。すべてが中空なのか、一部が中空なのか解りませんが、そうしたものもあるのを知ったのは驚きました。

Tobias Capwellの公演動画は以前に見たことあります。ただ英語が苦手なのではっきりと理解できないので残念です。画像を見ながら何の話をしているか何となく解る程度です。英語のヒアリングが苦手なのでとても困っています。

兜のペイントも科学的な分析は楽しいと思います。黒く染めること、青く染めること、鍍金すること、どれも甲冑の加工技術なので興味があります。ただこれも調べると科学の説明が英語なので苦手です。直接外国ヘ行って見学しながら体験したいです。
2016.03.17 00:18
アルヴィン
多くの防具が描かれました

https://www.pinterest.com/mothemelusine/painted-armor/

http://www.flickriver.com/photos/roelipilami/tags/painted/

https://myarmoury.com/talk/viewtopic.php?t=2700


鎧の異なる品質についてのプレゼンテーション

https://www.youtube.com/watch?v=COAIQPsgZWY

( サレットの31:07~54:50の異なるタイプで )
2016.03.14 02:39

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/465-a7db70b4

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。