FC2ブログ

脛当を造るぞ その9 最後の修正

つづき

 2回めの試着が終わり、最後の修正箇所の印をつけたよ。
 その確認に合わせて最後の修正をするだす。

IMG_7093.jpg
↑形を修正するより先に、まず気になっている後の上辺をカットするぜよ。前回の時に、保険をかけて深くカットしてなかったから、やっぱり少し当たる感じになった。ほんの少しだけど当たらないように5mmほどカットしておく。ここは最後に折り曲げるからあとで修正できなくなる。今のうちにしっかり確認しておかないとね。

IMG_7095.jpg
↑これはまだ何もしてないところ。見るとけっこう凸凹でデタラメですな。印をつけてあるので、イメージを設定してこれから修正するぞよ。修正するところは裾の広がりがメイン。そしてその広がりと形の形成かな。それまではふくらはぎの形が中心で、裾はセンターばかりに気が行ってた。裾は鉄靴に形が合ってれば概ねオッケかと思ったけど、意外と可動範囲が必要だとわかったので、もっと広げることにしたのね。

IMG_7170.jpg
↑途中はすっ飛んでるけど、修正が終わったところ。全体的に膨らんで、裾が広がって、アーチが整ったところ。縁の形が不安定だからまだ歪んで見えるね。全体の形が整ったら、不要な縁をカットしてまた形を整え、整えたらヤスリを入れて仕上がりに近い形へ持ってく。

IMG_7171.jpg
↑ヤスリを入れるとまた形が微妙に変わるから、カットして長さが微妙に変わったら、左右が同じようになるよう裾の周辺の形を細かく整えるん。前の左右の形を合わせ、後の左右の形を合わせ、全体的に前後左右が同じような形に整える。足首と裾の形は特殊なので、すべてを合わせるのはかなり大変じゃ。

IMG_7172.jpg
↑ほんでもって前後左右の形を合わせ、なおかつ前後で合わせがぴったりなるよう頑張る。さすがにここは本気で根を上げそうになるほど難しかった!少しでもいじると他がいっせいに崩れるので、ちょっとでも触るのが怖くなる。とりあえずこれで修正はおしまい。読むとあっという間だけど、ここの作業時間はけっこうやってる。

 普通の脛当はこんなに難しくないと思う。こんなにふくらはぎが広い人はそういないだろうし、こんなに大きな鉄靴を履くこともないでしょうから、足首との落差がこんなにある人はまずありえない。始めてチャレンジするのにこんなハードルの高いものを何でやるんだよ!と思った(笑)。

 修正が終わったので、もう一度試着をしてもらうのだ。3回めの試着になるけど、予定では3回めは最後の最終確認になる予定。はじめ、修正、最後、の3回ですね。何度も何度も確認するのはアホなので、3回が原則と思ってる。

つづく





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.28 2015 新しく造る comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/464-63a9553f

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世