FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

脛当を造るぞ その3 後ろを形成

つづき
 
 前がおおまかに形成したら、次は後ろだね。

 前の作業で画像撮影をあまりしていなかったから、後ろをやる時はもう少し区切って撮影しようと思ったのでした。作業内容は前と同じなのでたいしたことないでごわずよ。
 
IMG_6566.jpg
↑見ての通り、何もない鉄板から片方だけおおまかに叩いて外形を造る。ものすごいアバウトだけど、この時にある程度頭の中でイメージしてないとぐちゃぐちゃになるので、イメージに向かって行くことが大切だと思う。慣れた人なら単純流れ作業なんでしょうけどね。

IMG_6630.jpg
↑片方をおおまかに形づけたら反対側も同じようにおおまかに形成。初めはぼんやりした形だけど、ある程度似通った形にしないといけないから、好き勝手に叩くことができない。もう片方を同じに造ることを意識しないとすぐにデタラメになっちゃう。

 このへんになると全体の形が見えてくると同時に歪みも出て来るので、それぞれが勝手にならないように、印を基準にしてその基準を元に左右を合わせてく。基準がないとすぐにチグハグになっちゃう。

IMG_6726.jpg
↑両方とも同じになったら、また反対側に移って形成を進める.右が次の段階に進んだところで左はそのまま。右がある程度になったら今度は左を同じ形に近づける。単純にこれを繰り返すだけ。形成に自信があるなら片方を完成してから片方をやってもいいけど、どうやったか忘れちゃうとぜんぜん違う形になるのでやっぱり難しいと思う。

IMG_6753.jpg
↑両方とも同じような形成になったところ。これは漠然とした形で具体的なサイズや形成ではないでごじゃるよ。前でも同じだけど、まずはここまでおおまかにやったところで、ようやくスタートラインになるのね。具体的な形とサイズはこれからでござる。

 前と後はまだ独立して不定形なので互いに合わせることはできない。これを脛当と呼ぶにはまだまだ及ばない入口の手前段階。脛当の難しさはここから始まる!
サーいくざますよ!フンガー!

つづく





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.17 2016 新しく造る comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/457-1066d938

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。