FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

腿当を修繕しよう その4 磨いたぞ

つづき

 脛当と合わせて問題がないと確認できたら最後に磨くよ。

 磨き作業はいつもと同じ。大々的に表面のキズを消すこともないので、汚れ落としとキズをざっと綺麗にするくらい。よく見ると打撃で凸凹してるけど、これはノータッチのまま。磨いて輝きを取り戻すだけね。

IMG_7299.jpg 
↑そんなわけで、磨き作業が終わりました〜ん。向かって左は表面で、向かって右側は裏面です。裏はペンキが塗ってあるので真っ黒になりました。

 こうして表面を磨いて、裏面をペンキで塗ると、それまで付けていた印のほとんどが消えてしまう。簡単な印やマジックで書いた印など。ここからは混ざってしまうと区別がつかなくなるから、右と左、上と下を間違えないように注意しなければならないやね。テーブルをひっくり返してパーツを混ぜてしまうとマジ大変だよ。
(・ω・)ノ

 あとこの中古品は前に書いたように、造った時にいくつもの余分なリベット穴が空いてる。造った時に合わなくて追加で穴をあけたリベット穴ですな。これもどちらが元の穴だったか、ペンキを塗ってしまうと印が消えて分からなくなる恐れがあるので危険。このへんも別の印をつけた方が安全だと思うよ。一度分からなくなった物はホントに分からない(笑)。

 余談だけど、この腿当は完璧な歴史再現ではないから、これの複製を作るのは問題ないけど、応用しようとすると問題が起きるからちょっと注意ね。膝の札や裏板の形はへんなので、ちょっと具合が悪い。このへんは細かい話なので省略だけど、地味なところほど重要なので気をつけてね。

IMG_7301.jpg

 磨きが終わったので、ワックスやペンキが乾いたら組立てしましょう!

つづく





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.30 2016 修理・改造作業 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/452-c19c29c6

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。