FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

鉄靴を綺麗にしました その3 手を加えましょう

つづき

 分解したら手を加えますよ〜。

 今回はハンマーを使った改造はナシ。ハンマーを使うと急に面倒になるのよね。ハンマーを使うと形が歪んで合わせがズレちゃうから、そのズレの修正をするために多くの時間がかかっちゃう。だからコストをかけたくないなら、なるべくハンマーを使わないのがよいでおじゃる。

 今回はそれほど手を加えるところがないけど、気になるのは画像のようにみられる札の縁の斜めに削った部分。ここはグラインダーでザーッと削って斜めにしてある。この斜め削りが入っていることは嬉しいんだけど、グラインダーの痕がけっこう残ってる。足元だからそんなの見えないから無視しても良いんだけど、造ってる立場ではどうしても気になる(笑)。
(*´∀`*)

IMG_7215.jpg

 そんなわけでこのグラインダーの痕を油目ヤスリで綺麗にしとく。そんなのたいして変わらんだろ、と思われるけど、終わってみるとけっこう印象が違うんです!何でもないところでも無意識で印象が変わるのだと思うよ。

 だいたい人間て甲冑を覗き込む習性があるん。このとき「傷だらけで仕上げが汚い」と思うのが人情。普段見えないからと思っても、手に取って見れば粗が見えてしまうので、作り手としてはそのへんも気になってしまう。実用には何も価値がないけど、汚いと思われるだけで自分の価値が下がるので気をつけたいですね。

 これ以外には足の裏の革を新しく付けること。これは作業に集中して画像が残ってないですすいません。完成品でも見てくださいな。足の裏も外から見えないところだけど、着用者にとっては地面を踏み、靴で足をコントロールするのでとっても重要。テキトーなことはできないので三浦さんの教えのとおり「見えないところほどしっかりと」が大切ですね。
☆^∇゜)

 各種の修正が終わったら、次は磨きね。

 つづく





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.09 2016 修理・改造作業 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/441-ca73f405

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。