FC2ブログ

盾モドキを作ってみた 前編

 なんにもないので、放置されている画像を拾ってみたよ。
( ´¬`)ノ

 これも昔に手を付けて放置していた鉄板の残骸。たぶん16年くらい昔に何かやろうとしたんだと思う。エッチングをしたかったのか、鈑金をしたかったのか、何か作るなら大きいものがいいかな?、とアンチョコに考えて始めた鉄板。

 結果的に道具も技術も経験もないので、進む方向も定まらず、問題を乗り越えられる腕もなく、忍耐もなく、気持ちが折れて途中で放置してしまったものだね。若いときってのは無謀でバカだよね。
(´・ω・`)

 大きな鉄板で手を加えたから廃棄するのももったいなくて、かといって何かに完成させるアイデアも技術も経験もないので、とにかく放置されて16年ほどこのまま。どうしても廃棄できなかったので、何かの形にして命を吹き込むのじゃ!と手を加えたのがこれ。

 見るからにひどく錆びて、分けの分からない形で悩まされる。(笑)
 見た感じでは盾のように見えるから、盾にすることにした。わりと大きくて、縦約40cm、横約33cmほどある。盾にしては小さく、小盾にしては大きく、帯に短したすきに長しのどっち付かずのサイズでした。
(´Д`;)

↓放置して錆がひどい(表面)
IMG_6221.jpg

↓同じく裏面。屋外に放置すると錆が深い。
IMG_6222.jpg

↓具体的な設計はないが、漠然としたイメージが決まったら錆落しから。錆の層が厚いので、削り落とすときな粉のように錆粉が舞い上がる。雨に当たる野ざらしではないので腐食まではなっていないね。
IMG_6224.jpg

↓同じく裏面。表も裏もグラインダーでガ=って錆落しするだけ。粉が凄いのできちんとマスクしないとダメだ。
IMG_6225.jpg

 ここまでが下準備だ。このあと錆を綺麗に落とし、表面の傷を取り除き、磨きをして綺麗にしたら、ベルトを付けて完成になる。形はこれ以上いじくらないのが基本。中途半端に仕上がった物を、これから手を加えると苦労しすぎるので原型はいじらないのが良いのですな。

 さてこのあとに表面の傷を取り除いて磨くのだが、これは想像以上にたいへん。昔の物はヘタクソな加工で表面が凸凹で傷だらけ。ハンマーの傷をどれだけ取り除けるかが大切なところ。やる前から面倒くさいな〜と思ってしまう。

 でも逆の言い方をすれば、こんな汚く錆びて何の価値もない鉄クズでも、それなりに磨いて、それなりに手を加えると、それなりの物になるから面白い。まさに物作りの醍醐味だと思う。

 今回は廃棄物を使った作業練習だけど、どれほどイメージに近づけることができるか?は良い練習だと思う。完成イメージに近づけることができれば、イメージに添えるような技術が増えたのかなと思うところ。完成がイメージとかけ離れていれば、計画性と腕前が未熟さに比例するってわけだ。

 長くなったので、ひとまずここで区切りますよん。
(´ ▽`).。

つづく





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.25 2015 新しく造る comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/412-10b507a0

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世