fc2ブログ

ロングソード練習剣を改造しました その2

 さて、ポリソードの改造が終わったところの完成ですね。
 
 とくに難しいことはなく、柄頭を追加しただけ。柄頭は振り回しても外れたりせず、そして本物のように錘がついていることなどがポイント。外見はそれほど極端に変わってないから、画像で見てもたいしたことないと思う。改造ポイントは前にも上げているけど以下の通りよん。

1:切先が意外と尖っているので、やや丸くする
2:握りが太いので、少し削って細くする
3:握りが短いので、柄頭を追加して少し長くする
4:バランスが悪いので、柄頭に錘を入れて本物のようなバランスにする

 結論から申せば、ずいぶんとよくできたなと思った。バランスはいいし、安定して振り回せるし、これが本当の練習剣だと思う。激しい打ち込みはどこまで耐えるか分からないけど、マジスパーリングするわけではないから、普通の打ち込みなら問題ないと思う。もし衝撃で緩くなっても元に戻せるし、こいつは便利で良いのだ。

IMG_3559.jpg

改造後スペック
全長:116cm(+4cm)
刃渡:86cm(+-0)
刃厚み:2.5cm(+-0)
柄:27cm(+3cm)
鍔:高さ2cm、幅20.5cm(+-0)
重心:鍔から7cm(-16cm)
重量:1240g(+400g)

IMG_3560.jpg

 振り回して分かるのは、柄頭の分だけ長くなり重くなった分だけ重心が手元に寄ってきたことが分かるね。かなり本物のロングソードに近づいたので、とうぜんドイツ剣術の型をやると綺麗にできる。ドイツ剣術は剣が旋回運動をすることが多いので、こうしてバトントワリングのようにくるくる回すバランスが大切で、こうした条件の中で初めてしっかりした技ができる。単なる棒だと「うまく練習ができない!」と誰もが嘆くのはそのためですね。

 見た目はそれほど綺麗ではないけど、練習は性能優先だからこれでオッケ。これが2本あれば技の練習ができるってことで。時間を見つけてもう一本購入して、2本セットにできたらなと思いまする。もしポリソード改造をするなら是非トライしてみよう。簡単に改造できるから楽しいよ。といっても無計画だとポリソードをダメにしてしまうから、始めるときは計画的に!

 もし改造を希望するときは連絡くださいな。暇なときなら改造を承りますよん。もちろん準備から材料まで1日以上かかるからその時給と材料費はかかりますけどね。

IMG_3540.jpg

 上の画像は、バランスを変えてセンターバランスが変わったところですね。この状態は改造が終わった後のバランスポイントで、左側に見える白いシールが、元あった重心のところ。柄頭を付けてこれほどセンターバランスが変わるのですよ。
 
 重さは840gに+400gだから1240gと、実質は1.5倍に重くなったことになる。でもセンターバランスがこうして手元に移動することで、重くなってもスイスイと振り回すことができるのです。この状態にするだけでも手元に重心が近くなるから切先は安定してぶれない。これ、楽しいよ♪
♪( ´θ`)ノ


以上、ポリソード改造でした。
最後まで読んでくれた人ありがとさんね。
( ´ ▽ ` )ノ






※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.05 2014 その他の工作、改造 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/390-53032560

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世