fc2ブログ

ロングソード練習剣を改造しました その1

 ちょっと話題を変えて再び改造でございます。

 今回の改造は、アメリカのメーカー、こーるどすちーる社の武器シリーズで出ている、ポリプロピレン製のロングソードの改造でございますよ。以前から海外で売られているのを知っていたけど、最近は日本でも輸入され、ほどほどな価格で売られていることから、これもいいかな〜なんて思うのでした。

アマゾンサイト→ロングソード

 以前のロングソード勉強会でこのポリプロピレン・ロングソードを見せてもらい、どのような品で、どのような構造で、どのような具合か、確かめることができて、なかなか良いアイテムではないか!と思ったのだった!構造的に改造もできそうなので、ひとつ試しに買ってみようではないか!とあいなりました。
(・ω・)ノ

 ポリプロピレンロングソードは言いにくいから、以後は「ポリソード」とするよん。

 さてさっそくア〜マ〜ゾ〜ンで購入〜ポチッとな。

 大空に聞け〜♪オレの名は〜♪ロングソード♫

 数日後に店から直売で品物が届きやした。さっそく開封してみると、以前見せてもらった物と同じで、鍔をはめ込むとあっという間にロングソードになりました。ううむ。剣は待つと振り回したくなるから魂を乗っ取られそうになって怖い。そこはじっと自制心を利かせ、さまざま観察してみる。

IMG_3449.jpg


スペック
全長:112cm
刃渡:86cm
刃厚み:2.5cm
柄:24cm
鍔:高さ2cm、幅20.5cm
重心:鍔から23.5cm
重量:840g

 形は見ての通り。刃が肉厚で、十字鍔がやや太めなこと以外は、おおむね見た通りのロングソードの形。今はデジタルで設計図も簡単だし、金型も簡単に作って量産できるから、こうした物も安価にできるんだなと感心する。ほんの5年前でさえ、こういったものはなかったなと思う感じ。

 日本ではこの価格だけど、アメリカでも似たような価格ですね。というか、円高で安価に感じるのでしょう。そういったところは、日本はまだ恵まれているなと思ってしまう。ドルやユーロにたいして弱い通貨だと、これが1万円とか1万5千円の価値に変わってしまうのだから恐ろしい。
!(◎_◎;)

IMG_3451.jpg


 さて、ポリソードを観察しながら今回の改造ポイントを考えてみた。一体成型である以上、改造できることは限界があるので、不満を取り除けば十分な練習剣になるなと思うので、何をどうするかさまざま考えてみた。ざっと以下のようなプランを立ててみる。

1:切先が意外と尖っているので、やや丸くする
2:握りが太いので、少し削って細くする
3:握りが短いので、柄頭を追加して少し長くする
4:バランスが悪いので、柄頭に錘を入れて本物のようなバランスにする

 主にこの4点の改造を行うことにするのでした。これらの不満はアマゾ〜ンレビューでも同じく書かれているので、誰もが同じことを思うのでしょうね。しかもアメリカアマゾ〜ンでも同じことが書いてあって笑えた。(笑) このように、誰もが不満に思うことさえ解消されれば、この剣は具合としては十分良いものだと思えたのだ。

IMG_3455.jpg

 ちなみに初期の状態では、センターバランス(重心)は画像の場所にあります。指一本で支えると左右バランスが取れる場所ね。剣身の3分の1あたり(鍔から約23cm)だから、振り回すと切先の方に引っ張られる。だからドイツ剣術のような千回運動がちょっとやりにくい。むしろ日本刀に近い感じだと思うよ。重心バランスを変えるのはこのためね。

 ロングソードのバランスや強度のことは、これまでのソフトソードの経験があるので、可能性と問題点はあるていど想像できるので、今回も改造がスムーズにできると予想。ソフトソードの複合材料に比べれば、単体構造は、木製だろうと金属だろうとプラスチックだろうと、加工や改造は簡単なのだ。

 それではパパッと改造してしまいましょう!
ヽ( ´¬`)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.29 2014 その他の工作、改造 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/389-3aa95acf

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世