fc2ブログ

アメリカ:メトロポリタン美術館 その1

ちょっとおもむきを変えまして、再び旅日記などはどうでしょうかと思い、アメリカのメトロポリタン美術館に訪れたときの思い出でも語ってみようかと思ってみるのでした。もう震災前なのでけっこう前だけど、画像が出て来たから軽く紹介しますね。
(^∇^)

メトロポリタン美術館は、アメリカ・ニューヨークにある世界的にも有名な大博物館。本来なら時間をかけて1週間くらい通わないと全部見れないほどの大博物館なんだけど、目的は西洋甲冑見物だけなので、ほとんどの展示物を見学しないまま(罰当たり!)、鎧コーナーだけで終わっちゃいました。(笑)

初めて来る博物館だと、その巨大さと展示の数に圧倒されて、美術関係が好きだと順番に全てを見てしまうんだけど、全部見るには歩くだけでも1日かかってしまうので、そんなものをじっくりと全てを見れるわけないです。今回は、限られた時間だけで西洋甲冑の観察と資料収集をしなければいけないので、かなり慌ただしいスケジュールでした。

見て来たのは西洋甲冑だけの展示なのでこれといって伝えることもないけど、アメリカ・ニューヨークの雰囲気とか、博物館の様子とか簡単に紹介します。それではまずニューヨークの雰囲気といった環境レポートからね。


さて、当然だけどニューヨークは初めて来ました。ニューヨークの空港到着時間は夜だったので、空港は人もいなくタクシーもいなく秋だったのでクソ寒くて、到着の段階で「もう無理!帰りたい!」とか思っちゃいました。空港連絡鉄道があるそうなので、それと地下鉄を乗り継いでニューヨーク(マンハッタン島)に向かうことにしました。クソ寒い中でまったく来ないタクシーを何十人の順番を待たないで済んだのは、機転の利く素晴らしい判断だなと思った。ほとんどの人はあのクソ寒い屋外で、ぜんぜん来ないタクシーを何時間も待っていたのかと思うとゾッとしますな。
(;゚Д゚)

ニューヨークは基本的にタクシーか地下鉄で移動ね。地下鉄はよく映画なんかに出てくる、あの地味な銀色の地下鉄車両で〜す。車両も駅も映画のまんまなんでビックリした。汚いとか治安が悪いと言った感じはまるでないけど、一応用心し続けなければいけないので、乗車客は少ないけど、誰も寝てる人なんていないんだよね。しかし地下鉄24時間営業はありがたい!

ところでそれより、地下鉄の揺れ具合と座り心地は、自慢するほど悪い(笑)! 全部プラスチックの小さいイスだし形悪いし電車は狭いし、そしてとにかく揺れる。これは遊園地のジェットコースターみたいにガシガシ揺れるのでずっと笑ってしまった。まるで遊園地! こんなに揺れていたらまず寝ることはできないね。ポールにつかまっていたけどポールに頭ぶつけたよ(笑)。

IMG_3117.jpg

午前中昼間に歩いて感じたのは、アメリカ人は全体的に何でも物でも人でも広くてでっかいっす。私も日本人としても大きい部類かもしれないけど、ほとんどは私より大きい人ばっかだし、体重もまず確実に100kg以上ある人ばっかりだよね。たぶんよそ見してぶつかったら飛ばされちゃうよ。ただしニューヨーク(マンハッタン島)の住人に限っては意外とスリムな方が多いのね。ジョギングとか健康志向が高いみたい。

それと食べ物は全体的に大味でございます。日本の食べ物が何でも美味しいと思っていると、こちらではかなりの差があることが分かるね。美味しい物もあるけど単純にそれらは高いイメージ。高い、普通、安い、は見事に味に比例するので、食べ物の好みは、もろに旅費に影響でますですよ!

食べ物は、値段を見るとどこでも「12ドルとか8ドルじゃ、ぜんぜん安くないじゃん」って思うけど、だいたい出てくる量が日本の2倍くらいなので、半額と考えると安いんだよね。このため少食女子には食べ切れない量なので、食事は気をつけないと残すことになっちゃう。こちらはどうも平気で残す文化だけど、食べ物を残すのは個人的に抵抗あるんだよね。だから毎回気持ち悪くなるほど食べる。
(;´д`)

ちなみに今回のアメリカ滞在では、軽食や昼食に夕食を含め、かなり良い食事を食べましたよ。せっかくアメリカに来たのだから、本場アメリカの良い食事をしてみよう!と言うことで、事前に調べたお店に行ったことで、気持ち高いけど、日本では食べられない味や経験をしたのは良かったです。アメリカまで行って来て「マクドナルド食べました!」じゃアホだしね。だから経験を買う意味と、健康維持のために、金欠だけどけっこう良い物を食べて楽しかったです。日本では毎日地味に質素だけど、海外のようにここ一番ではお金を使わないと意味ないです。

あと、基本的に野菜がまったくない文化なので、進んで野菜を探し、ヨーグルトを毎日食べ、カットフルーツをガンガン食べる。でないと帰るときすげ〜疲労して肌カサカサになって便秘で死ぬからね。
(゜∀゜)

IMG_4565.jpg


海外渡航は、その国や世界を見るのも異文化を知る機会だけど、それ以外に自分の国の姿や価値観を客観的に見る機会になって良いなと思う。ツアーで来るとどうしても日本人同士で群れてしまい、日本の感覚のままその国を見て考えて行動してしまうけど、個人だと現地にとけ込めちゃう。こうなると日本人ツアー団体様が外国人になるので、それを見ていると、日本人の姿や癖が良く分かって楽しいなと思うよ。慣習とかマナーとか、自国と外国を客観的に比較し観察考察すると、本当に面白いです勉強になります。

つづく





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.20 2013 海外旅行記 comment2 trackback0

comment

マクシミリアン1世
安井さま
有名どころの博物館で、良い経験になりました。
もっとじっくり3日間ほど観察したかったです。

ありがとうございます。
頭が良くて文章のうまい人からすると、子供みたいな文章だとバカにするでしょう。(笑)
でも私は、頭のいい人の書く長くて複雑で分かりにくい文章は大嫌いで、そういった一般人が分かりにくい長い文章を書く人は、人に伝えるのがヘタクソでバカなんではないか?、といつも思うので、自分としては誰でも分かるように、小学生のような日常語の文章を書くように心がけているんです。

誰にでも伝わるように話すこと、誰にでも分かるように簡単に書くこと。
これも三浦さんから何度も教わっているお話ですね。
2013.02.21 23:56
安井英舜
メトロポリタンにも行かれたんですか!羨ましいです。
奥主さんの文章は簡潔で明瞭でありながら具体的論理的で、本当に上手ですよね。
まるでカエサルの「ガリア戦記」みたい。これからも楽しみにしています。
2013.02.20 18:39

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/326-c26f0e2f

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世