fc2ブログ

手甲造りに挑戦 その18 5本指小札

さ〜て、5本指にいくよ!

この5本指は非常〜に手間がかかったので自分でもビビった。簡単かと思ったけど、数が多いことに悩まされちゃったね。それ以外は特別な行程はないので、あとは何となくの説明だけ乗せておくよん。別に情報もないし学ぶところもないしね。

IMG_1785.jpg
5本指に使う小札の大きさを計算してメモをとる。それに合わせて親指、中3本指、小指、と幅の異なる鉄板を切り出す。どれくらい違うかははっきりしないけど、1ミリくらいしか違わないかな。それの方が自然な形になると思ったのでそうしただけで、そうしなければいけないわけではないのよん。長さも枚数も平均して出た最小公約数程度です。

自分の作業は設計図を書かないと毎度言ってるけど、メモなんてのはこれくらいかな。数字がたくさん出ると記憶できないから、目安にメモしたくらいで、全全身パーツでもほとんどメモすらとらないで、こんな数字をちょいとメモるくらいしかしてないで、あとは全部目検討か頭の中のイメージだけで造ってます。数字なんて結果でしかないからね。


IMG_1804_20130106034020.jpg
鉄板を切りだしたところ。もちろん端は整えたよ。
切り出した鉄板は、小さいからウネウネしたままでございます。それをまず平らにして、ついでに慣らし叩きをして、それから綺麗な正方形にヘリを整えますですよ!これだけでかなり時間がかかってうんざりした。(笑)

このあと形もヘリも再びいじくるから綺麗にしても意味がないんだけど、ここで綺麗にしておかないと正方形が取れないので綺麗な造形や角度が出せないで後々汚くなっちゃう。だからここでしっかり一律の形にしておくのが大事なところ。同じ細部の小札は、0.1ミリくらいの誤差程度まで合わせるつもりが良いと思う。できるできないは別として、そろっていればそろっているほど完成は綺麗になるのだ!


IMG_1814.jpg
小札を一つ一つアーチ状に曲げたもの。
海外の製作過程の動画などでは、このわずかな曲げ作業を省略するために、丸い型に押当ててプレスするように変形させているのがよくあるけど、あれだと力ずくで曲げたから元に戻る力が働くから、鉄の強さが出ないと思うのよ。そして不思議なことに、機械的に一律に綺麗に曲がったものは、人はなぜか綺麗だとは思わないのです。海外の手甲はいつもそうで、だから私は美しいとも欲しいとも思わないのですよ、なぜか。


IMG_1815.jpg
そんなわけでして、ひとつずつコツコツハンマーで形を作っていくんだけど、形を作るだけではなく、全部のパーツが同じようなアーチに揃えることがこれまた一苦労。バラバラに好き勝手に曲げるのはバカでもできるけど、カーブの具合を揃えるのは、それはもう面倒くさいです。数が多いので、直しても直しても、どれかが合ってないようで無限地獄です。
(;´ω`)

完璧でないところもアナログの手作り感があって良いので、ノギスを使ったりしなくても、見た目で違いがなければそれでオッケだと思うよ。大切なことは数値ではなく、目で見て違和感がないこと。これ初心にて忘れるべからず。
_φ(・_・





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.31 2013 手の手甲 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/310-59257a2c

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世