fc2ブログ

肩当を作ろう その12 組立準備

ラストスパート!の組立です!
(゜∀゜)

何げない感覚で「組立」なんていつも書いているけど、実はこの組立はとっても難しくて慎重になる、大切な作業なのだ。とりわけこの組立前準備は非常に重要で、ボケをかますと今までの作業がパーになったり、仕上がりが非常に悪くなるので、何げないことでもかなり落ち着いて考えないといけない。

組立なんて決まった作業だろ?なんて思うのはド素人ね。組立は理屈で分かっていても、実際の行程や順番はかなり厳密なので、何となくやっているとエラい目に遭うので、頭でよく考えたり、メモに書き出してミスのないようにしっかり確認するのだ。このときばかりは私もかなり慎重になるよ。
(;゜Д゜)

そして西洋甲冑の作業は、このときに知識が必要となる。それまでの、切る、叩く、削る、磨く、とはまったく異なるもので、それまでの外見上の様子とは別に、構造その物を理解することが必要とされる。もっと簡単に言えば「革と鋲をよく理解しているか?」ということになるのです。これが理解できてようやく、革と鋲の確かな組合せでリアルな西洋甲冑が生まれるのですよ奥さん!

P1150006.jpg
P1150005.jpg

革と鋲の具体的構造と位置が決まったので、それに合わせて必要な穴をあけるのでございます。これはテキトーではなく、しっかりと測って穴あけをしているよ。
あ、それと、バックル&ベルトなどもこのときに取り付けるのね。全部合体してからだとしゃれにならないほど苦労するから、金具やベルトは組立前にやるのが大鉄則だ!
( ´ ▽ ` )ノ





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.28 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/260-cf4bb6bc

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世