fc2ブログ

肩当を作ろう その10 変更

P1140988.jpg

こうして全体の形が終わる。でもどう考えても少し長いのだ。想定したパーツから最終的にどのようなサイズになるかはやってみないと分からないけど、この構造だと切れば良い問題でもない。板札を詰めて小さくするか考えたけど、なんか全体の札と調和がとれないので、ここだけ幅を詰めるのはどうもできない気がした。

色々思案した結果、ここは一つ板札を一つ抜いてしまうとちょうどいいのかな?と思うところ。ここまでやって大きな構造変更だけど、ハンマーを使わなければそれほど難しいことではない。ここは決断して横札を一つ抜いて詰めてしまうけど、詰めたらまた合わせが合わないので調節し直すのね。

P1140989.jpg

面倒くさいからやらなくてもいいんだけど、けっきょく面倒くさがったことは自分に跳ね返って来るので、面倒と思うことこそ逃げないで突っ込んで行くんダビョ。横札を抜いてしまうと合わせと鋲穴が若干変わるので、もう一度丁寧に整えて綺麗にする。画像のように横から覗き込んで一律になっていればおおむねオッケ。

ベルトで留めるときに少しずれが生じるんだけど、このときにしっかり合わせておけばそのズレも最小限に治まる。ここでガチャガチャだと組み立てたときにもっとガチャガチャになって汚くなるから、修正や合わせは、できるときにできる限り妥協しないでやりましょう。後悔してもデジタルのようにやり直しはできないからね。
( ´ ▽ ` )ノ

P1140990.jpg
左右両方とも横札を抜いて縮めたところ。

これでだいたい希望の数値(大きさ)になったかな。肩の上の支点をどこに持って来るかで肩の位置が変わってしまうんだけど、胴鎧や首鎧がめいっぱいそこにあるので、肩峰以上に肩当を持って来ることはできず、そこから単純に考えるしかないのね。肘当から延びる上腕当もあり、そことちょうど良い具合になるのが理想。

今回横板を抜いてしまったのはこのことと関係してて、このままだと長過ぎて肘当にぶつかってしまうと想像したからで、それはどうしても防ぎたかったので、長さの計算上、横板を1枚抜いて詰めてちょうど良い長さと思ったのでした。せっかくやったのにもったいない!なんて貧乏臭いことを思っているとうまくいかないぞ。いい具合になると信じて判断した方に全力を尽くすのだ!

と言っても、最終的には全てを装着した様子は見てないから分からないけどね。
☆^∇゜)





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.27 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/257-d36c5f69

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世