fc2ブログ

腕鎧を造ったぞ その17 感想

最後なので、簡単に全体を振り返って感想を上げてみますね。
これを作ったのは震災前なので覚えてる範囲で書きますびょ。

自分の手元に現物が残ってないから、毎度のこと人に見せることはできないけど、今回も初めて腕鎧を作ってみて、それまで考えていたことの何倍ものことが学べて嬉しかったのだ。今回は脚鎧と似ている部分が多く、むしろ復習作業のような感じで、特別に難しいところはなかった感じ。むしろ脚鎧でうまく行かなかった部分がクリアできたので、それだけでも良い経験なのかなと思う。

できることなら、具体的な歴史物を再現したかったけど、今回も体験なのでオリジナルデザインでやってみたのよん。完璧ではないけど14世紀末期から15世紀前期に掛けてのシンプルな腕鎧をイメージしていたので、歴史的な再現でなくても、メカニズム的なところの体験が具体的にできてよかったよ。♫

IMG_0226.jpg

今回も肘の羽根は1枚物で作る時間がなかったけど、次回は普通の鉄板の厚さで挑戦してみたいと思うのよ。今回のように、初めて挑戦して1.6mmの鉄板であの形をやるには、あまりにハードルが高すぎるんだよね。1.6mmといったら兜や胸当なみの厚さだから。

肘関節は、ちょっと変な形だけど、思いのほか良い具合にできた気がする。隙間もないし、こすれないし、可動範囲も最低限必要な120度まで確保できて、人間運動には何の問題もない良い具合になりました。格好が良くないのは初製作だからであって、これは今後の課題にしていきたいと思いま〜す。

ただいつもこうして思うことは、歴史的デザインを無視すると、必ず問題が起きると言うことが共通なのでございます。昔の西洋甲冑のパーツを完全に模倣するとその形から理にかなった形が再現されるんだけど、勝手に変更すると必ずつじつまの合わないところがでて来て、それを正そうとすると、結局歴史的な形になってしまい、歴史の偉大さを思い知らされ、「なるほど!」と気がつくことがたくさんある。なぜそのの形になったのか? その後はなぜ形が変わったのか? やってみて気がつくことがたくさんあるので、実作業は本当に面白い。

現代では何でもオレ様デザインでアートに走ってしまうが、西洋甲冑ではその正反対だから、オレ様デザインはひどいしっぺ返しを受けるんだな。なのでまずはきちんと歴史的構造と変遷をしっかり学ばなければいけないと本当に痛感するのでした。だからこれからはどんどん歴史甲冑の写しを造らないとね。このシリーズは練習だから、特定の時代ではないので、堂々と「歴史風ファンタジー西洋甲冑」と呼ぶよ。

しかしゲームから始まって、イラストの資料を集め、調べているうちに歴史的武器と西洋甲冑にはまり、詳しく分からないところだらけだから、ムキになって調べているうちに専門的になり、挙げ句の果てには造って学ぼうなんて、どんだけアホなのかと自分でも呆れて笑ってます。
♪( ´▽`)

IMG_0215.jpg

いつものことだけど、今回の製作も、設計図なし、図面なし、スケッチなし、サンプルなし、型紙なし、アドバイスなし、経験なし、専門知識なし、写真なし、機械なし、デジタル機器なし、と無い無いだらけの、持っている知識と想像だけで造った西洋甲冑パーツ。大きな問題もないので、これはこれで最善を尽くしたのでヨシとしましょう。

いまだに設計図やデザイン画ナシで造るなんてウソだと言われるけど、自分は文字や図面(受身)の方が頭が混乱するので、全て頭の中の立体構造とイメージ変化だけ(能動)で製作進行している。自分にとっては文字や数値が苦手だから、イメージだけの方がはるかに楽チン。むしろ反対に、一般的な図面や設計図を書いて造る人は、良くその通りにできるなと感心しちゃうよ。この感覚や感性は物心ついたときからなので、自分は物を造る時は、メモくらいで十分だと思っとる。

今回は、今までの中では一番不満が少ないかな。点数評価はそこそこの80点くらいと思うところ。多くの部分で想像や想定が思い通りになったところが多かったので、形は別として、機能や構造は良かったなと思う。もちろん歴史的再現にはほど遠いけどね。
(´~`;)

以下は前腕の開閉の様子ね。
留め金やフックはあえて付けなくて、着用者に遭わせて自由な大きさに設定できるようにしたよん。これは15世紀の現物にいくつか見られた構造なので、それを参考にやってみました。こっちの方が簡単と思ったけど、サイズが変わると形のストライクゾーンが変化して、返って形が難しくなったか?なんて、終わってから思ってみたのでした。(笑)
そうであっても、開閉はとてもスムーズに出来上がったので、これはこれで苦労したけど、とっても楽しかったので、良い勉強になったと思うよ。機械で造る人は、そんなこと、って思うかもしれないけどね。
(´ ▽`).。

IMG_0218.jpg

IMG_0219.jpg

IMG_0220.jpg

何はともあれ、形は最後まで完成したので、とりあえずおめでとうでとうじゃ!
そしてお疲れさまでした〜
ヽ( ´¬`)ノ


実質作業:約124時間(両腕)
重量:約1300g(片腕)
材質:鉄1.6mm、1.2mm

実際にはもう少し余分に時間を費やしているだろうね。
なんせ実作業していなくても、寝る時も飯のときも風呂のときもトイレのときも、つねに作業進行のことを考えているし、寝転がりながら延々とイメージ展開と仮定想定をしているんだからね。
(^з^)-☆





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.24 2012 腕の腕鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/238-0e4c9d6e

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世