fc2ブログ

腕鎧を造ったぞ その6 前腕へ

時間をかけて肘関節ができたら次は前腕よ。

肘関節はこの段階でかなりしっかりやっておかないと、あとになってからは変更が難しいから、しっかりやっておこうね。こんなもん板っぺら曲げただけだろ、だって? そう思う人はそうすれば良いのだよん。この板は3次元にカーブがついているからこそ綺麗に曲がるのだ。(笑)

さて肘が終わったらそのまま前腕の板へ進みま〜す。
この部品は長さと大きさが大切なのでかなり迷ったけど、おそらく結果から言えばかなり計算通りになったかなと思うところで、これが経験なのかなと思うところでしたビョ。

この前腕の板も関節として動くので、関節のように作らないとダメ。鉄板をひん曲げてテキトーに固定するわけではない。べつにそれでも動くし固定できるけど、手抜きとヘボさは自慢できるぞ。こうした二次元的な鉄板に見えても、思ったより三次元的な形になったおり、それだけ全体的にハンマーで形をつけているのだ。ペーパークラフトと同じだと思ったら大間違いなのだ。たぶん西洋甲冑を造るのが簡単と思っている人は、そんな考えからだと思うよ。
(・ω・)ノ


P1130434.jpg

P1130435.jpg
P1130457.jpg

前腕はぐるりと取り囲む形なので、表板に続いて裏板を取り付けるのでした。真ん中の画像には裏板に経線がひいてあるよね。あのようにやや斜めの線で一律に叩かないと形が歪んでくるので注意しよう。テキトーに平行に叩いていくと等間隔になるので最後は幅が合わなくなって、それがよじれる力を生んでしまうので、何げないことだけど十分に気をつけましょう。

何度も何度も表板に合わせ、そのつどカーブの具合や、全体の外周をどれくらいのサイズにするか考えるのね。ここでよく起きるのが、腕の筒が楕円形になってしまうパターンだ。板の端を同じアールで形成するのはどうしても難しいので、表板も裏板もそれだから、それぞれを合わせるとつなぎ目がぶわっと広がった楕円形になってしまうのでした。

この楕円形の筒を円に修正するのは非常に面倒くさくて、なかなか円になってくれない。おまけに縁は凸凹してちっとも合わないし、ここを可動式にすることを考えると手を抜けないし、何とも厄介で意外な伏兵だと思ったよ。
(´Д`;)

この画像を見る限りでは、そんなもんか?と思うのだけど、見た目以上に難しいのはどの部分でも同じだと思う。何も考えないでテキトーにひん曲げて、隙間だらけだけど革ベルトで強引に留めてしまうなんてのは、コストと手間を考えれば自然だなと思うよ。

しつこいくらいに時間をかけて、ようやく綺麗な形になったので次へ。
ヽ(;▽;)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.07 2012 腕の腕鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/227-0c6477ac

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世