fc2ブログ

脚鎧を作ってみました その36 凸凹消し

これはグラインダーで錆を落としたところね。方向がバラバラだし傷だらけなのがよく分かる。だから錆を落としただけではダメなのだ。わずかに陰影が見えるのは凸凹があるからです。ここから粗磨きで表面を平らにしま〜す。

P1100903.jpg
P1100904.jpg

こっちは表面研ぎが終わったところだ。物は同じでも磨き傷が一定方向で、表面を削り取ったのでかなり平らになってるん。一回だけ磨くだけではこうならないので、目の粗いサンドペーパーで、縦横何度も削り取るように磨くとこうやって平らになるので根気よくね。

この行程はどうしても機械ではうまくいかず、力もいるし、なんかいい方法がないかなと思っているけど、これといって良い方法が見当たらなくて、いまだに手でグシグシ削っています。一つのパーツでもけっこうしんどいのに、複数のパーツはかなりくたびれるよね。また凸の形は磨きやすいけど、凹の形は倍にしんどいので、こうなると体力と根気かなと思うところ。

P1100905_2.jpg

たぶん2〜3日やったかな?休憩が入るからどうしても時間がかかっちゃうよね。とりわけ脛はかなり時間をかけて磨いたのだ。あれだけボコボコに殴っちゃうと、その凹凸を綺麗に取るには、かなり丁寧にやらないとダメだから、ここはマジでへろへろになるほど苦労したね。脛は何から何までハードルが高いパーツなことがよく分かった。肘、膝、脛、首と作れて初心者クリアーというのも納得だよ。

ここまでで表面研ぎは終了!
あとは粗、中、細の磨きだ!
(´~`;)





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.23 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/207-59be7549

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世