fc2ブログ

脚鎧を作ってみました その35 表面錆び落とし

P1100900.jpg

磨き作業に入るよん。

はじめはいつものようにグラインダーで表面の錆び落しね。このときに極端な凸凹を見つけたら、無理に削ったり、凹みをほじくるのではなく、ハンマーで綺麗に平らにするのが良いよ。そして形が気になったり、縁がきちんと整っていなかったら、それらもきちんと修正しておくのが大事。単純作業ではなく、チェックを兼ねているので、テキトーにパパッとやっちゃダメだよ。この段階ならいくらでも修正が利くので、このときは気を抜かず丁寧に作業しましょう。
ヽ( ´¬`)ノ

見ての通り表面の錆は綺麗に落ちましたよ。これでピカピカと思ったら大間違いだ。見ての通り傷だらけでとてもではないが綺麗とは言えない。そしてこのままだとあっという間に錆が浮いて来るので、一気に仕上げてしまわないといけないのだ!時間との勝負なので頑張れい。

P1100899.jpg

こんな感じですべての部品の錆び落しが終わったところ。右と左に分かれて置かれちょるよ。こうして太陽の光を浴びると、グラインダーで傷だらけでもピカピカに光って見えるからすごいなと思うぞな。

グラインダーで作業すると、機械パワーなので簡単に進んでしまって機械頼りの感覚になっちゃう。このときに起きるのがゴリ押し磨きで、前に書いた凸凹処理を無視して、このグラインダーの力で山を削り取り、谷を無理矢理磨いてしまうと、確かに凸凹の錆は取れて一見綺麗に見えるけどそれは錯覚で、凸凹が残ったままになっているのでとっても注意なのだ。

これはあとで仕上げ磨きをしてみるとよく分かるけど、凸凹のままピカピカになってしまうのでダメなのだ。ようはインチキするとあとで付けが回って来るのでダメってことね。優劣の差はそんなところだと思いますよ。

さーどんどん進みましょう!
ε=┌(゜∀゜)┘





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.22 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/206-8f131a50

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世