fc2ブログ

脚鎧を造ってみました その14 腿上ふち

さてここまで進んだところで、膝当と腿当のベースができたことになる。あるていど形や形状が固まったら、次は縁の加工に移るのです。縁の加工をすることで、形やサイズがほぼ固定することになるので、ここは大きなな分岐点になりまっす。

まずは腿当の形が整うようになるので、腿当の上の縁から順番に縁加工をしていきます。ここはこれから大きな変化はないと思うので加工しちゃうけど、もし変更があった場合は修正が効かないから作り直しの交換のほうが良かったりする。「腿当を全部造り直すなんて冗談ではない!」と思うでしょう。そこがミソなところで、壊れたときや、サイズ変更をするときは、こうして部品を外すことでそこだけを交換すればよいので、作りが複雑で最初は大変で管理も大変だけど、後のことを考えるとこうして別パーツのほうが楽だったりするのです。
(・ω・)ノ


話は戻り、以下は腿当の上縁を加工した順番の画像ね。集中しているのにいちいち手を止めて撮影をするのは集中力が途切れるのでとっても手間と時間が掛かるんだけど、こうしたものは後では撮れないので面倒臭がらずに撮影するのね。

この画像は右腿かな。表に起こして裏に丸め込む、通称「ひねり返し」を施しているところ。腿の形にアーチ状になっているのに、どうやって手前の表に鉄板を持ち上げるかって? それはやってみれば分かりますよ。物理的には無茶な力学だけど、お願いしますと鉄に頭を下げていると曲がってくれるんです。(笑)
♪( ´▽`)

P1100814.jpg
何もないところ。

P1100815.jpg
手前(表)に起こしたところ。反発作用で平たくなる。

P1100817.jpg
裏に返し始めたところ。焦らずラインを整えてから。

P1100819.jpg
裏に丸め始めたところ。一定のところから急に軽くなる。

P1100821.jpg
だいたい丸め終わったところ。コツコツ叩いて全体を整える。





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.10 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/180-91f97a08

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世