fc2ブログ

震災後の新工房

はてさて、気がつけばあっという間に年末になってしまったでござる。1年前は作業をしていたのをよく覚えており、3月からさ~て来週のサザエさんは?って感じで次の作業に取り掛かったところであの大震災になっちゃったわけで、前の年末年始はついこないだの記憶だったりします。いまでも当時の日記を見てみると記憶が蘇り、マジ死ぬ覚悟を決めた恐怖が思い出されてしまう。
(´Д`;)

東京でもこんな怖い思いしたのだから、東北地方の現地ではどれほど怖い思いをしたのかなと想像してしまう。それでも混乱しながらこうして家の修理もして何とか生き延びていることは、それだけで感謝感激雨あられなのでございます。みなさんも毎日の平穏と生きていることに感謝しましょうね。
(・ω・)ノ

さて私も地震から少しづつ以前のようなサイクルに戻りつつあり、無茶や無謀をせず足元を順番に整えてそろそろ活動に戻りたいと考えているところ。少なくても春は作業に一番適した季節なので、それまでに気になることをどんどん片付けて、地震から1年を目安に自分のサイクルに戻れたらな~と思っちょりまする。(笑)

早くすることは自分のスタイルではないのだが、時間は無限ではないので、できる限り良いペースで希望の道が進めたらなと考えてまっす。なんせもういい年なので今までのように「もう10年」とかのんびり言ってられないので、一歩でも自立した存在になれたらなと希望中。
(´ ▽`).。

P110807_20120102145541.jpg

さて2011年もあっという間に終り新年を迎えますが、ダメージの大きかった三浦さん宅の建て替えもほぼ終了致しましたので、年末のご挨拶にいって参りました。忘年会も兼ねていたので、丁度よいタイミングでもありんす。一応家はできているんだけど、外の部分がまだできていないので、車も入れられず、物置も置けず、混乱しているところでした。こんなデキタテホヤホヤの混乱時に来てよかったのだろうか?と思いつつ、重いものなど簡単な手伝いができたので丁度良かったらしい。(笑)

まだしばらく家財整理などがつづき、今までのような生活はもうしばらく続くみたい。忙しいことが多く、テレビも電話もパソコン回線もしばらくないままで、外部との連絡が絶たれたままなのは春くらいまで続くとのこと。なまじっか電話やパソコン回線を復旧させると問合せや依頼が来て、混乱中で結局対応できないと言っていたので、あえて放置しているというのも納得。中途半端が大嫌いな三浦さんだからこその白黒はっきりした基準は分かりやすいなと感心してしまった。


さー2012年が始まるざんすよ!
いくでガンス!
フンガー!





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.02 2012 日記、お知らせ comment2 trackback0

comment

マクシミリアン1世
> メガシラ2:50さん
ありがとうございます。
私も紙に絵を描いて空想やファンタジーを楽しんでいた子供時代です。
好きが高じてこんなになってしまいましたが、だれでもチャレンジすれば何か形になるのだと思うところです。人によって到達点や形は違うでしょうけど、志の原点は同じのような気がします。

私などはまだまだ基礎の部分しかトライしていないですが、少しづつでも成長できたら、求めるものに到達できたらと、ぼんやりながら粘り強く続けているだけです。といって無職で15年もたっちゃいましたけど。(笑)

でも関わっていること、作っていること、それだけで幸せ感いっぱいなので、結果が出なくても貧しくても満たされなくても幸せな感覚でいっぱいです。下らないペースの遅いブログですが、気が向いたらいつでも見たってください。♪
2012.02.05 21:19
メガシラ2:50
なんといえばよいのかわからないのですが、ワタシも甲冑に興味を持ち、製作してみたいと考えるまでに至った者です。

ワタシのように地方都市に住むものにとって、あなたのサイトに掲載されている情報は本当にありがたいです。

三浦しげとし(すいません、ワタシの携帯には先生の漢字が変換できなくて…)先生のお名前は存じ上げておりましたが、コチラのサイトにて人となりや作品への強い熱意をうかがい知ることができまして、ますます尊敬の念を深めるばかりです。

天気予報などを見ておりますと関東地方の冷え込みは大変厳しいとのこと。
三浦先生、サイト主様ともども、お体にはお気をつけくださいませ。
2012.01.26 22:25

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/162-df53b83c

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世