fc2ブログ

大地震のあとで 3

東日本大震災からおおむね二ヶ月が経ちました。
最初の一ヶ月は混乱で、二ヶ月目は余震に備えて(対抗して)我がボロ屋へずっと耐震補強工事(自己流)を進めていました。休みなくずっとやっていたけど、これは巨大工作みたいでちょっと遊んでいるところもあるかな?(笑) あれこれ考えてよく出来上がると一人にっこり笑ってたりするので、生まれ持って作ることが好きなのかな~と思う。
( ´¬`)

まだ補強工事は続けているけど、そろそろ大きな部分は終わったので、どこかで区切りをつけないとまずいかなと思っています。とは言え、いつまた大きな地震が来るか分からないので、出来る限りのことはしておかないといけない。なんせ次は東海地震のおそれが高まっているので、少なくても生きている間には今回以上の地震が必ず来ると覚悟をしなくてはいけないのだ!

だから多少面倒で大変でも、引っ越しで逃げることができない以上、今は家の補強をしておかないといけない。巨大地震では、どれほど耐震補強であっても無傷で済むことはないけど、面倒くさいなどと何もしないで家が潰れて、資料や洋書が全部オシャカになっては後悔してもしきれないものだから、できる範囲で、引き続き頑張って補強をしま~す。すでに1階と廊下はとんでもないくらい補強して完全に「要塞化」してます。(笑)


さて先日は、三浦さんのところに顔を出してきました。しばらく地震後の処理や雑務に追われて合う機会はなかったけど、連休を利用して顔を出す!というかこの5月の連休で知り合ってちょうど15年になるので、15周年記念で挨拶をしてきたのだ!お祝いの高級お酒を持って「今までありがとうございました」と「これからもよろしくお願いします」の大切な節目の挨拶をしてきました。地震の影響で毎日忙しくお祝いの食事とかはできなかったけど、記念となるありがたい15年の節目となりました。
ヽ( ´¬`)ノ

そして意外だったのは、三浦さん宅も地震で大きな被害を受けたこと。聞いた話ではメチャクチャにはならなかったらしいけど、それなりに物も倒れて壊れ、家の外や中はあちこち壁が壊れてヒビが残ってしまった。我家と同じで古い日本家屋なのでさすがにあの地震にはギリギリだったみたいだ。
(ノД`)

我家は耐震補強工事で強引に対応しているけど、三浦さん宅は補強も厳しいので、次の地震(東海地震)も考えて家を新築するそうである。ちょっとびっくりしたけど、安全を考えるとそれも良い選択だなと思う。しかしその判断と決断の速さにはちょっと驚かされた。さすが良く考えてここ一番の時は決断と行動が早いなと思った。自分にはない部分なので、このへんはずいぶんと参考に生き方を真似させてもらい、深く良く考えてしっかり決断することで、何事においても良い結果がもたらされるようになって、甲冑技術は何も学んでないけど、こういった哲学を教えてもらうことで、ほとんどのことで失敗のない歩みができてとても感謝しているのだ。

建て替えなどは1年近くかかるので、引越しや再開を考えると来年の春ころになるのかな~と思ってます。だから作業や原稿、依頼などは全て対応できなくなっちゃうのでしばらく全面休業になってしまうんだけど、新たなステップに上がるには、それなりの手間と時間と経費がかかるのは当然なので、来年の春を楽しみにしたいと思います。
(´ ▽`).。

15年もお付き合いしているけど15年などたいして長く感じないし、ここまで年齢が上がると1年など座ってるだけでも待つことのできる短い期間だから、困ったり焦ることもなく、来年の春を楽しみに待ちたいと思うぞ。1年を待つくらいの忍耐と余裕と精神コントロールがなくては、手作り西洋甲冑などできるわけがないしね。(笑)

再出発の暁には、公式サイトも新しくしたい計画なのでヨロシク。
(^_-)v





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.09 2011 日記、お知らせ comment4 trackback0

comment

マクシミリアン1世
> 鈴木さん
山形でも大きな被害が出ましたか。東北の人たちに比べると、こちらはまだまだ被害が少なかったのでしょうね。それにしてもボロ家だと周りより被害がデカイので困ります。(笑)

このような被災も人生の予定外ですが、時間をかけて取り組めば、夢も少しずつでも前に進むと思うので、気長に取り組んでみてください。若くて時間があればいくらでも可能性はあります。(笑)

西洋甲冑は作ることより基礎勉強のほうがはるかに難しいので、制作は後回しでも、研究ならしっかりとした勉強をしてください。たくさんの資料を分析していると鋲一つまで理解できるようになるので、そこからがスタートです。(笑)
2011.06.17 21:20
鈴木淳平
ご無沙汰してます。耐震工事ご苦労様です。地震を経験して、備えあれば憂いなしを実感しました。三浦さんは、新築とは驚きました。そちらが少し落ち着いたらまた三浦さんと奥主さんにお会いしたいです。

ぼくは今山形の廃校で29名の被災者の方と一緒に暮らしています。廃校活用のコーディネーターをやる傍ら、日々西洋甲冑の研究を続けています。とはいえ、まだ全然工房が整ってませんので、まず当て金や、木台などの道具作りをしてからでないと甲冑制作ができない状況です。早く鉄を叩きたくて、ウズウズしてますが、これから一人でやっていくのに不安だらけです。まだまだ未熟な僕ですが、被災者の方に遠慮することなく、精一杯作り続けることが、今僕にできる事だとおもいます。
なんか長くなってすみません!(((・・;)
2011.06.01 01:57
マクシミリアン1世
>紅葉さん
はじめまして。仙台ではようやくライフラインが戻りつつあるのですか。
直下型地震で壊滅的ではなかったとは言え、どこも被害が深刻ですね。
私たちの家屋は古い古い木造家屋ですので、一般家屋よりダメージがありました。
やはり貧乏は長生きできませんね。(笑)

人生の予定が変わってしまいましたが、三浦さんいわく、
戦争に比べれば再開ができるからくじけないで元気に出直そうや!とのことです♪
そちらもしばらく大変だとは思いますが、ご縁がありましたらどこかでお目にかかりましょう。
2011.05.14 02:06
紅葉
仙台の者です。
地震から暫く経ってようやく元の生活に戻り、ネット環境も戻りました。
またブログが見れてうれしいです。
ですが三浦さん、奥主さんの家も被害が大きかったとの事で・・・びっくりです。

今は生きてる時間を喜びつつ、また西洋甲冑の勉強に勤しみたいと思います。
2011.05.09 20:06

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/152-be2ef3f5

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世