fc2ブログ

鉄靴を造れ その7 両足

P1100647.jpg
P1100646.jpg

とりあえず両足を揃えてみる。
う~ん、こうして並べると左右何だかぜんぜん違うように見える。
(;´ω`)

このまま放置するとズレたまま進んでしまうので、両足揃ったところ両方を出来る限り同じように近づけるのが大切。ボタンの掛け違いという言葉があるように、最初こそが何よりも大切。なのでここまで進めて、ここからようやくスタートになる感じかな。

ただ、片方ではよく合っているけど、反対を見ると形が合っていない。なので不自然な方を修正するのん。修正し終わると他の部分も合ってない部分が見つかるから、今度はそこも修正する。これを両足であちこち進めていく。文章だと簡単だけど、片方の一部でも修正すると、当然それは隣の部品との兼ね合いが変わってしまうので、そこも新たにいじらなくてはいけない。それをいじったがために、また反対側の足と形が変わって、また反対側も修正しないといけないハメになる。この感覚がいくらでもあるのだが、こうなるといつもの根競べになる。(笑)

でこれを真面目に対処していると無限地獄になって気力が奪われるので厳しい。不規則なものを規則的なものにのに合わせようとすると、自分が合わせることに追われてしまい、自分でどうにかしたいと思う選択や希望の余裕がなくなり、受動的姿勢で「合わない合わない;」と焦ってしまう。だからこの場合は自分が優位になって落ち着くことが大切で、まずは意識を逆転させるのがコツ。追い詰められた時こそ形は適当にと考え、その場の状況対応で「どうしようかな?」「こうしようかな?」くらいに能動的姿勢でいどむアタック精神が大切。と教わった。(笑)
(・ω・)ノ

仮組み立てしてわかったのは、板札をグッと長くしておくのが良いと思ったね。ある程度は余裕あったけど、ここまでギリギリだとは思わなかった。それだけ運動靴のサイズよりかなり大きいことが分かる。こうして至らない部分は次回や似た作業で改善され、どんどんと進化する。教科書通りでは成長しないとはこのことだ!
(スゲー時間取られるけど(笑))

ここまで形になっているけど、まだまだ全体の3割程度。
さて、こんなグニグニガチャガチャからどうやって進めましょうか。
(´ ▽`).。





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.13 2011 足の鉄靴 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://armourer.blog64.fc2.com/tb.php/121-2b4fbb9a

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世