fc2ブログ

脚鎧を造ってみました その22 札の隙間

P1100855.jpg

というわけで、膝当、腿当、裏板、の3パーツが連結したところで~す。どうしてこう画像にするとへんてこりんに映るのかな?そんだけ丸いものは写りが悪いということなのかな? まいーや。とりあえずこの段階で大きな一区切りとなりま~す。
(・ω・)ノ

こうして見ると3パーツがそろって形になっているようだけど、これでもかなりまだ曖昧な形になっています。このあとに臑当を追加したり、あれこれ調整していると少しづつ形が変わったりするので、これでホッとしてはいけないのだ。

今思うとあとで気がつくことが今こうして分かるんだけど、その時は気が付かないから悔しいのだ。わからないものはわからないし、意外な敵「伏兵」に仰天抜かされることがあるので、初めてのことでも、一度やったことでも、ほんとうに気が抜けないなと思う。
勝って兜の緒を締めよ、ですな。
☆^∇゜)

P1100854.jpg

そうそう、鉄板のエッジはこんな感じでカドを落としておくと仕上がりが綺麗になるよ。面倒くさいけどヤスリでシャーシャー削っていくとこんな感じで縁に斜めのラインがつくので、磨いた時もラインが付いてとっても綺麗になるので、私はできる範囲でやるようにしてまっす。

ただ、一つ一つのパーツをすべてに一律に削っていくのはかなり面倒で、機械ではうまくできないのでヤスリで何段階も削っていくのはかなり手間がかかります。この加工をするには、自分にその根気があるかどうかよく考えてやってからのほうがいいと思う。少しだけやって途中でやめることは論外なので、時間と手間と技術力に応じて斜めに削るとよいでしょうね。

自信がある人は、思いっきり斜めに削りこんで斜面を大きく取ってみましょう。最後に完成したとき、やった分に比例して驚くほどかっこよくなりますよ。私はこれくらいで勘弁してって感じです。
(;゜0゜)





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト



.22 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世