FC2ブログ

肩当を作ろう その15 感想

最後なので、簡単に全体を振り返って感想を上げてみますね。
これを作ったのはけっこう前なので覚えてる範囲で書きますびょ。♡

これも自分の手元に現物が残ってないから、毎度のこと人に見せることはできないけど、今回も初めて肩当を作ってみて、それまでの知識が具現化できて良かった。知識として理屈は知っていても、イザやってみると理論知識と製作知識はまったく別なことがわかり、実践勉強としては良い経験でございました。
(´ ▽`).。

できることなら、具体的な歴史物を再現したかったけど、今回も体験なので多少のオリジナルデザインでやってみた。完璧ではないけど14世紀末期から15世紀前期に掛けてのシンプルな肩当をイメージしていたので、歴史的な再現でなくても改めて、なるほど!と思うことがたくさん学習できました。
ヽ( ´¬`)ノ

P1150013_20121128092108.jpg

見た目ではこんなにシンプルな造形で簡単に見えるけど、やってみると始める前の想像とはかなり違うわけで、そこはイメージと現実の落差に驚かされるんだね。ということは、知っていてやってもこれほどの差が生まれるわけだから、何も知らない人からすると、どれほどの落差があるか想像に難くない。

肩当などメカニズムの乏しいパーツだけど、最初に書いたように、上腕当、胴鎧、首鎧、と隣接するために、それぞれのパーツとの干渉要素が発生するから、大きさ、長さ、幅、湾曲具合などが具体的に求められる。これらを無視すると必ず他パーツと干渉してぶつかって動きにくい、または問題のある肩当になっちゃう。そういった意味で、そこにないものの問題を想像しなければいけないというのは、これまでにない難しい要素だなと思った。

P1150017.jpg
(右肩の表面)腕を動かしてつぶれたところ。右側が前方になる。

だから一つ一つのパーツを造るのは、技術的な問題や構造知識だけだと思われているけど、実際はそれ以外の要素の方が大きくて、動きや装着へいかに配慮できるか? またそれには人の動きと全体の構造バランスがいかに取れるか? になる。だから全身を造るためには基礎知識がど〜しても必要なんだな〜と、改めて実感するのであった。これはイラストなどとは異なるし、CGともことなる、修正もテキトーもいっさい通じない本当のリアルな世界だと思うところ。

海外で造られている単品甲冑パーツなどは、他の甲冑パーツのことはそれほど気にして造られていないから、各パーツバラバラで購入すると着用できない、または着用すると干渉してぶつかってうまく動けない、なんて問題がよく起きるのは、そんなことが要因なんだろうね。全身統一して動きやすい甲冑を造ると言うのが、どれほど難しいことか、そしてどれほど贅沢なことか、こうして一連の総製作作業を進めるたびに強く思うのでした。

P1150020.jpg
(右肩の裏面)腕を動かしてつぶれたところ。左側が前方になる。

こうして裏から見ると動く仕組みが分かるね。洋書でも裏からの撮影はめったにないから、これはこれでメチャクチャ貴重な画像だと思うよ。そしてここから分かるように、甲冑パーツのほとんどはこうした革と鋲で構成されているから、表面から見る以上に柔軟に動くことが分かり、だからこそ人の動きにもきちんと対応してくれ、自由に動くことができるわけだ。お解り?

このことを知らないと、表面の鉄板だけで動かない鉄のかたまりだと思い込んでしまう。このイメージと現実との格差はあまりに大きく、構造を知らない人が「西洋甲冑は動けない」と誤解をしていることが、いかにとんでもないマヌケな誤りだか分かるよね。少なくても自分が敵と戦うのなら、こうした自由に動ける甲冑を身に着けて戦いたいと思う。甲冑を何も付けないで激しく戦うのはマジ勘弁です。
(;´ω`)


P1150016.jpg
(右肩の側面)手前が前側で、動かさない状態。

こうして見ると、もう少し立体的にしたかったなと思うけど(目で見るともう少し立体的)、切り出した鉄板は大きくならないから、切り出した形の中で完成させるしかない。結論から言えば、こんな小さい肩当てでもわりと大きな面積の鉄板が必要だということだ。だから大きな肩当なんて言ったら、それこそかなりでっかい鉄板の切り出しをしなければいけないのね。大きな立体物は本当に難しいと思う。

当然今回もいつものことながら、設計図なし、図面なし、スケッチなし、写真なし、サンプルなし、型紙なし、アドバイスなし、経験なし、専門知識なし、機械なし、デジタル機器なし、と無い無いだらけの中、持っている知識と想像だけで造った作品です。出来が良いとは言えないけど、その分、得られる情報が多かったのは嬉しかったところ。終わってみるとあれこれ改善点が多く残るけど、だからこそ次を良くしたいと強く思うのでした。

P1150019.jpg
(右肩の側面)手前が前側で、腕を動かした状態。圧力で縮まる。

簡単ながらさっと流してしまったけど、肩当は以上でございます。
誰も読まないような独り言ブログを読んでくださる方に感謝しま〜す。
そしてお疲れさまでした〜♡
ヽ( ´¬`)ノ


実質作業:約85時間(両肩)
重量:約510g(片肩)
材質:鉄1.2mm





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.30 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

肩当を作ろう その14 完成

肩当が完成しました!わーい!
ヽ( ´¬`)ノ

P1150013.jpg

P1150012.jpg

P1150015.jpg

途中でコレデイイノ?と心配だったけど、最後まで形になると、気になるところは多いけどまずはこれでもいっか、な気分になるので良しとしましょう。画像は右の肩当ね。

終わってみると結果が分かるので、予想とどれくらい合っていたか、どれくらい外れたか、を知りことができ、そこから自分の考えるパターンと癖が理解できる。そうすれば次回からはそれを基準に作戦が練れるから、これはこれで非常に良い経験になるのだ。

何だショボイ肩当だな、と思う人は、ショボクない肩当を造ってみせてくださいね。
♪( ´▽`)





※文章画像の無断転載厳禁
.28 2012 肩の肩鎧 comment2 trackback0

肩当を作ろう その13 組立

肩当なんて小さくても大きくても、基本的には構造も仕組みもそう変わらないよ。だからこそこうした小さなものでも大変構造勉強になるのだ。デカいとか超リアルでなくても、原則さえしっかり学べればそれが勉強である。

細かい組立ははしょってますスイマセン。流れ作業でやっていると手を止めて撮影ができないので、集中してミスのないように手を止めずに組み立てちゃいます。
画像は組立の中間地点になりますね。

端から革を留めて行ったところで、あとは中央と鉄板の鋲留めをすれば完成。順序だてて見て行くと良く分かるけど、もう面倒くさいから、行程を全部見たいと興味ある人は、作業するとき見に来てチョンマゲー。告知しないけど。(笑)

見ての通り、この段階でもかなりの鋲を消費します。だから本式組み立てするときは鋲をたくさん買っておきましょう。途中でなくなると卒倒するほどショックを受けます。そしてたまにうまくいかずやり直しで無駄も出るので、鋲の在庫はとっても大事なのだ。
鋲のまとめ買いをして「高い!」とかぬかすやつは西洋甲冑作業やるべからず!
ヾ(。`Д´。)ノ

P1150009.jpg

P1150010.jpg





※文章画像の無断転載厳禁
.28 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

肩当を作ろう その12 組立準備

ラストスパート!の組立です!
(゜∀゜)

何げない感覚で「組立」なんていつも書いているけど、実はこの組立はとっても難しくて慎重になる、大切な作業なのだ。とりわけこの組立前準備は非常に重要で、ボケをかますと今までの作業がパーになったり、仕上がりが非常に悪くなるので、何げないことでもかなり落ち着いて考えないといけない。

組立なんて決まった作業だろ?なんて思うのはド素人ね。組立は理屈で分かっていても、実際の行程や順番はかなり厳密なので、何となくやっているとエラい目に遭うので、頭でよく考えたり、メモに書き出してミスのないようにしっかり確認するのだ。このときばかりは私もかなり慎重になるよ。
(;゜Д゜)

そして西洋甲冑の作業は、このときに知識が必要となる。それまでの、切る、叩く、削る、磨く、とはまったく異なるもので、それまでの外見上の様子とは別に、構造その物を理解することが必要とされる。もっと簡単に言えば「革と鋲をよく理解しているか?」ということになるのです。これが理解できてようやく、革と鋲の確かな組合せでリアルな西洋甲冑が生まれるのですよ奥さん!

P1150006.jpg
P1150005.jpg

革と鋲の具体的構造と位置が決まったので、それに合わせて必要な穴をあけるのでございます。これはテキトーではなく、しっかりと測って穴あけをしているよ。
あ、それと、バックル&ベルトなどもこのときに取り付けるのね。全部合体してからだとしゃれにならないほど苦労するから、金具やベルトは組立前にやるのが大鉄則だ!
( ´ ▽ ` )ノ





※文章画像の無断転載厳禁
.28 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

肩当を作ろう その11 磨き

さてさて最後になりました〜
ヽ( ´¬`)ノ

このときになると集中力が限界になるので、焦ったり気を抜いてしまうことがあるので気持ちを保つのがたいへん。あんまり疲れたときは1日休憩でもして、磨きと組立のことをゆっくり考えるのも悪くないかな。とっとと磨いてとっとと組み立ててしまおうと思うとだいたいへまするので、ひと呼吸置くのが良いと、いつも思うのでした。

あとは流れるように磨き作業を行うので、淡々とじっくりと磨くだけ。これも何度も書いているから別に詳しい説明はいらないよね。特別なコツもないし、特殊な技術もいらない。ただただ丁寧に地道にやるだけでごじゃる。

P1140999.jpg
初めはいつもの「研ぎ」ね。表面を鉋で削るようにぐいぐいと削る。金属の凸凹が全てそぎ落ちるほどぐいぐい削る。不思議なことに、いくら色々試しても、これは機械でうまくできない。機械だとどうしてもこのちょうど良い平面ができないのん。だから延々と何時間も手作業拷問だ。
(´Д`)

P1150001.jpg
これは荒磨きが終わった後かな。これだけでもかなりピカピカだけど、よく見ると銀スジでシャカシャカね。綺麗だけどギラギラして目が痛い。

P1150003.jpg
中磨き後、細磨きを終えたところかな。このへんになるとずいぶんと銀スジが見えなくなって綺麗になる。それでもギラギラして私は好きではないな〜。海外の安いのだとこれでおしまいだよ。

P1150004.jpg
仕上げ磨きをして完成。
全部終わったら裏側に錆び止めを塗っておきましょう。ここまで終えて金属パーツは全て終了になりました。残るは革ベルトと組み立てだけね。

この後はちょっと複雑なので、間違わないように何度も頭の中で順番整理のシミュレーションをしましょうね。さぁ組み立てに参るぞ!
(・ω・)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
.27 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

肩当を作ろう その10 変更

P1140988.jpg

こうして全体の形が終わる。でもどう考えても少し長いのだ。想定したパーツから最終的にどのようなサイズになるかはやってみないと分からないけど、この構造だと切れば良い問題でもない。板札を詰めて小さくするか考えたけど、なんか全体の札と調和がとれないので、ここだけ幅を詰めるのはどうもできない気がした。

色々思案した結果、ここは一つ板札を一つ抜いてしまうとちょうどいいのかな?と思うところ。ここまでやって大きな構造変更だけど、ハンマーを使わなければそれほど難しいことではない。ここは決断して横札を一つ抜いて詰めてしまうけど、詰めたらまた合わせが合わないので調節し直すのね。

P1140989.jpg

面倒くさいからやらなくてもいいんだけど、けっきょく面倒くさがったことは自分に跳ね返って来るので、面倒と思うことこそ逃げないで突っ込んで行くんダビョ。横札を抜いてしまうと合わせと鋲穴が若干変わるので、もう一度丁寧に整えて綺麗にする。画像のように横から覗き込んで一律になっていればおおむねオッケ。

ベルトで留めるときに少しずれが生じるんだけど、このときにしっかり合わせておけばそのズレも最小限に治まる。ここでガチャガチャだと組み立てたときにもっとガチャガチャになって汚くなるから、修正や合わせは、できるときにできる限り妥協しないでやりましょう。後悔してもデジタルのようにやり直しはできないからね。
( ´ ▽ ` )ノ

P1140990.jpg
左右両方とも横札を抜いて縮めたところ。

これでだいたい希望の数値(大きさ)になったかな。肩の上の支点をどこに持って来るかで肩の位置が変わってしまうんだけど、胴鎧や首鎧がめいっぱいそこにあるので、肩峰以上に肩当を持って来ることはできず、そこから単純に考えるしかないのね。肘当から延びる上腕当もあり、そことちょうど良い具合になるのが理想。

今回横板を抜いてしまったのはこのことと関係してて、このままだと長過ぎて肘当にぶつかってしまうと想像したからで、それはどうしても防ぎたかったので、長さの計算上、横板を1枚抜いて詰めてちょうど良い長さと思ったのでした。せっかくやったのにもったいない!なんて貧乏臭いことを思っているとうまくいかないぞ。いい具合になると信じて判断した方に全力を尽くすのだ!

と言っても、最終的には全てを装着した様子は見てないから分からないけどね。
☆^∇゜)





※文章画像の無断転載厳禁
.27 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

肩当を作ろう その9 余分カット

P1140985.jpg

全体の形が整ったら、磨き作業に入る前に最終チェックだ。

形や合わせ、縁のラインなどが終わったら、上の用に角落ちをしましょう。これは単純なことだけど意外と忘れられることです。面倒だけど、こうしておくと完成してから付け心地や使用感がとっても良くなるのです。角が残っていると、動かしたときに板がずれて縁のラインからこの角が飛び出して来る。そうすると服に引っかかったり、鎧パーツに引っかかったりする。

たったこうした5mmや1cmの角落ちだけでそれら問題は解消されるので、昔の西洋甲冑でもやってある物と、やってない物があるけど、わずかに丸めるなど、何かしら対応されている物が多い気がするよ。

P1140980.jpg
こちらは重なり部分を一定にするところ。

板が重なっている部分は必要以上にはいらない。また一定の幅が残っていれば理想的。だから重なりラインから一定の距離を測り、余分のそれ以上を切ってしまうのだ。

重なった部分は二重になって重くなり、できることなら無い方が理想。つまり1枚鉄板の方が理想的なんだけど、それだと可動範囲がなくなってしまうので、横板を連結させて稼働するようにしている。でもそれだと隙間に剣の刃が入りやすいから、可動して隙間が空いた分をこの二重部分で守っている。

それでも刃物は押し込めば入るけど。板と板の間に刃を差し込むと刃は水平に入って行くので、身体に垂直に刃が突き刺さる確率は低いので、たとえ隙間に刃が入っても身体にはとても刺さりにくい。鉄板の隙間を狙えば良いと言う考えは非常に浅い考えなので口にしてはいけないよ!





※文章画像の無断転載厳禁
.27 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

肩当を作ろう その8 縁修正

P1140975.jpg
折り返しができて、つなげたところね。

折り返しの部分がきっちりつながっている方が綺麗かもしれないんだけど、なかなかぴっちりいかないんだよね。本当はもう少し近くて隙間がなかったんだけど、動かすと引っかかる感じだったのでちょいと削ってしまったのだ。これは折り返しの山がちょっと高めに造られているからなんだけど、肉厚の鉄板ではこれ仕方ないのだ。

P1140976.jpg
これは上腕当の下縁のところ。

一般的には折り返しが終わるとこんな感じになる。だけど個人的にはこれが引っかかって気に入らない。もう少し小さいロールならいいんだけど、こうして大きめだと引っかかるから、私はだいたい端を潰してしまうことが多いのう。これは昔も決まった物ではないので、そのままでも、潰してもどちらでも良いのだ。

P1140977.jpg
折り返しの端をつぶしたところ。

おおまかに潰し、テキトーに整えるとこんな感じになる。目で見て形を決めるのではなく、私は手で触って引っかかる感覚がなくなればそれでオッケとしてま〜す。しかしこうして折り返しや捻り返しをすると、1mm以上の鉄板は分厚いなと思う。





※文章画像の無断転載厳禁
.27 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

肩当を作ろう その7 折り返し

肩の上の折り返しで〜す。

もう何回も説明しているからもう説明はいらないね。
肩の上と、その次の板、そして上腕の札板の一番下の板。
折り返しはそこに入ってます。入れ過ぎかもしれないけど。(笑)
( ´_ゝ`)

P1140968.jpg

P1140969.jpg

P1140972.jpg

P1140973.jpg

P1140974.jpg

最後は面倒くさがらず、丁寧に修正をしましょう。ここはとても面倒だけど、仕上がり具合で何倍もイメージが変わるから、極上でなくても、最低限の状態としてここまで整えておきましょう。




※文章画像の無断転載厳禁
.26 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0

肩当を作ろう その6 最終チェック

P1140966.jpg
ほぼ全ての形成が終わったところ。

形成、縁、凸凹、隙間、みんな確認して一区切りついたところだね。さっきの画像より左右がずいぶんと対象になっていると思う。完璧でなくても、ぱっとみてほとんど同じなら良いのだと思いますよ。厳密にノギスで測るとけっこう違ったりしているけど、左右同時に肩を見ることはないのでオッケなのだ!
ヽ( ´¬`)ノ

このまま磨いてベルトを付ければ完成と言っても問題ないんだけど、ここまででだいたい半分かな。これから細工をして修正して、磨いて組み立てれば終わりだけど、先のことはあまり考えず、とにかく今を一所懸命にやりぬき最大で乗り切ることに集中するのが大切。それにしても毎度ながら、同じ物を二つ造るのは本当に難しい。一つだけ立派に造るのと、大変さの意味がぜんぜん違うよ。
(ノД`)

P1140967.jpg
折り返しを入れる部分に印を入れる。

さっきも書いたけど、折り返しを入れる部分は、あらかじめその余白を取っておくことが大切。1.5〜2cmほど取られてしまうので、あとからそれをやろうとすると一回り外周を取られて小さくなってしまうので、わずかな幅でもきちんと余分を計算して残しておかないとたいへんなことになるのだよ。

でも初めから折り返しや捻り返しはとても難しいから、始めてやるなら縁は何もなしで、切りっぱなしで造ってしまうのが良いと思う。混乱すると元の部分までダメにしてしまうから、最初はできることから挑戦しよう!
(・ω・)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
.26 2012 肩の肩鎧 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世