FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

鉄靴を造れ その21 感想

最後なので簡単に全体を振り返って感想を上げてみますね。
鉄靴を作ったのは結構前なので覚えてる範囲で。

現物が残ってないから、毎度のこと人に見せることはできないけど、今回も初めて作ってみてそれまで考えていたことの何十倍ものことが解ったようでとても嬉しかったね。
鉄靴は一見形が簡単だから、造るのも簡単そうに思われるけどそんなことはなく、つま先から甲にかけての流れと、トップとサイドの流れるような形が面倒臭いなと知った。

できることなら具体的な歴史物を再現したかったけど、今回は体験なのでオリジナルデザイン。ちょうど15世紀と16世紀の両方の構造を取り入れたので間の子だけど、メカニズム的なところの際限は思ったとおりにできて嬉しかった。

もう少しやりたかったのは甲のてっぺんや、踵のてっぺんの反りを大きくしたかったけど、これをやると変形が大きくなりすぎて調節に時間が多くかかるので、今回は最後まで悩んだけど、その反り返り(膨らみ)は最小限にした。自分のでも造ることがあれば、そのへんはトライしてみようと思うん。
┌┤´д`├┘

P11007.jpg

今回学んだ大きなポイントは3つ。
1:蝶番の道理
2:甲のアーチ角度と板札の動く比率
3:鋲の直線配列
この3点がなるほどと納得したところで、ぼんやりしていたことがクリアになったこと、応用ができるようになったこと、が良い収穫になったと思う。
完成されたものだけを見ると、形がもう結果になっているから(そこに存在する)当たり前に思うけど、パズルのように「では最初から自分で」となると驚くほどチンプンカンプンなのが面白い。だから「自分でやってみろ」としつこいくらいに言っている三浦さんの話は、なるほどな~と思うわけですね。

こうしていつも見ている写真とは異なり、触るだけでなく、作ってみて物の形の道理や意味が理解できることはとても嬉しいことで、西洋甲冑を勉強する者にとっては、これに勝る収穫と喜びはないのだ。こうして体験して道理が分かると、その感覚で博物館の写真を見ても想像できるので、理論と実践の両輪がこうして成り立つのだと思いまする。

技術的に鬼難しいところはほとんどなく、面積も小さいので磨きもラクで、総合的にはラクな印象だったよ。というかそれまでの3点が鬼と地獄だったわけだけど。(笑)
(´ ▽`).。

P1100740.jpg

作ってみることと、体にぴったり合うことは必ず一致するわけではないけど、それを理想とするのは甲冑師の大切な理念だと思う。形だけ造りました、型紙の通り作りました、言われたとおりにやっただけ、では鎧としての機能は落ちることになり、本質である「着用者の身を守る」をいかに実現できるかは忘れやすいことだけど、忘れてはいけないことなんだなと思いまっす。

そこで解るのは「人の体に合わせることの大切さと難しさ」だ。
この一言に尽きると思うけど、クツは地味だから注目されないよね。(笑)

なにはともあれ、若干の気になるところはあるものの、
使う分には問題ないようなのでこれでオッケーとしまする。
設計図もサンプルも型紙も経験もない中での初トライは毎度のことだから、
点数評価は考えず、出来上がったことを良しとしましょう。(笑)

まずはひとまずお疲れ様~。
ヽ( ´¬`)ノ

P1100741.jpg

実質作業:約85時間(両足)
重量:約190g(片足):約620g(運動靴含む片足)
材質:鉄1.2mm

実際にはアイデア構想、型紙などの準備にけっこうな時間を使っているので、毎度のことだけどもっと多くの時間を費やしているだろうね。
ヽ( ´¬`)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.25 2011 足の鉄靴 comment2 trackback0

鉄靴を造れ その20 靴装着

鉄靴が完成したので、運動靴を装着してみよう!

組み立て前にテストしたので理論的には入るはずなのだが、あまりにもぴったり作りすぎたので、こうして運動靴を入れるのにはかなり苦労した。あんまり無理やり入れて曲がっちゃうのも嫌だし、どうやって入れたんだ?なんて自分で考えてしまった。これは中世ヨーロッパの靴とは形が違うし、靴自体が固いので形が歪まず入れにくいというのがその理由かな。

最終的に左右足とも収まってくれたので良しとしましょう。
しかしまぁ、面白いように靴の形になっていますね。
(´ ▽`).。

P1100736.jpg

P1100737.jpg

P1100738.jpg

P1100739.jpg

P1100742.jpg

さて、私が頭をつかうのはここまで。
ここから先は、持ち主が履いて具合をどう感じるかまでは私には分からないので、吉と出るか凶と出るかは全く分からないのだ。この鉄靴が運動靴の形に合っていても、足の立体まで正確に合わせたわけではないので、そこまでこだわるなら自分の足か、本人の足型を用いるか、途中と最後に何度か試着しに来てもらうなどが必要なのね。

西洋甲冑はどの部品も同じだと思われているけど、それは大きな感違い。これは現代服でも同じことが言え、体のパーツごとにゆとり幅が大きく異なるので、それぞれ各パーツごとに繊細さと注意が大きく異なるのだ。

たとえば、ジャケットを着るときには数センチのサイズがズレてても平気なように、西洋甲冑の胴鎧も数センチくらいならサイズ違いでも問題ない。これは腕なども同じかな。だけどジーパンを買うときは、ウエストを細かく測ったり、足の長さを細かく確認するし、裾の太さや比率の種類まで、多くの数値を選択する。靴にいたってはミリ単位で当たる当たらないかをよ~く確認するよね。

このように、下肢は人の動きが大きいのにフィットする幅がとても狭く、造るのも身につけるのも、甲冑がユーザーを選んでしまうのだ。だから同じ面積やパーツの数でも脚鎧や鉄靴は自然と高価になってしまう。だから全身甲冑は騎士身分クラスにならないと身につけられないし、足のそれは、個人専用に造られる贅沢品になるん。

良くゲームだと脚鎧がオマケ程度に扱われているけどそれは大きな誤りで、下肢の鎧は造るのも持つのも容易なことではなく、レンタルや拾い物を誰でも気軽に装備するなんてのは難しい話なのねん。全身フルセットのトーナメント甲冑は別として、鉄靴は博物館でも展示数が少ないのはそのことをよく示しているわけだ。

鉄靴は目立たないパーツだけど、本来は拍車とセットで身につける贅沢品。
拍車とセットで履いていると、それはそれはカッコイイのでござる!
(・ω・)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
.23 2011 足の鉄靴 comment0 trackback0

鉄靴を造れ その19 完成

組み立てが終わり、完成しました!
ヽ( ´¬`)ノわ~い!ばんざ~い!


P1100730.jpg

P1100732.jpg

P1100734.jpg

P1100735.jpg

P1100731.jpg

P1100733.jpg

画層は左足ですね。
全体に曇って線が見えるのは、ワックスがこってり付いているから。(笑)
それらをふき取ると、鉄の程々の輝きが出るよ。

工程で説明しているので、あえてここで細かいことを説明するまでもないかな。
構造は単純だし、鉄鈑のカーブは見ての通りだし、革や蝶番も見ての通りだし、札板の隙間は見ての通りだし、左右足の形もほとんど区別つかない。だから説明するまでも無く、見たまんまかと思いまする。(笑)

とりあえず形にはなったので良しとしましょう。
(´ ▽`).。





※文章画像の無断転載厳禁
.22 2011 足の鉄靴 comment2 trackback0

鉄靴を造れ その18 組立

P1100724.jpg

組立の前に必要な革ベルトをつけるん。
これは本組み立ての前に切りだして作り、きちんと仮組立で確認しておく。面倒臭がらずに一つづつミリ単位で確認だいじ。テストや試着をして、後からしくじることはほとんどない(変更は別)。これは技術じゃなくて性格かなと思う。

P1100726.jpg

踵と甲を蝶番でつなげるよ。
デカイ部品や難しいところは、こうして先に取り付けておく。なにげない組立だけど、鋲の場所と数、全体の大きさと重量バランス、関節のクタクタなど、組み立てるときにどこが問題か想像して、組み立てをする前に、どこからやると一番効率いいかよ~~~く考えると、組立の苦労が半減しますですハイ。(笑)

P1100729.jpg

つま先から甲へ組み立てするんよ。
特に説明するまでもないので以上。
(´ ▽`).。





※文章画像の無断転載厳禁
.21 2011 足の鉄靴 comment0 trackback0

鉄靴を造れ その17 磨き完了

P1100711.jpg

磨き作業が全部終わりました!
ヽ( ´¬`)ノわ~い。

磨き作業は何度かアップしているので説明は必要ないね。
鉄靴はそれまでのパーツに比べると面積が飛躍的に少ないので、研ぎも磨きも、かなり楽だったね。いや、それまでがあまりに厳しすぎた!それらに比べればこんな面積なら鼻歌交じりの朝飯前である。(笑)

研ぎも磨きも楽だったのは、パーツの縁が少なかったのと、ほとんどが凸面に出来ているのが有りがたかったね。凹面だと力入れて磨けないし、縁があっても力をいれることも出来ない。だから思っていたよりあっさりと終わることが出来た磨きでしたん。

画像では、裏ペンキも塗ってあるし、表ワックスも塗ってある。
革ベルトも用意して、組み立て前の状態になってる。
これ以降は流れ作業でトントン進むね。





※文章画像の無断転載厳禁
.20 2011 足の鉄靴 comment0 trackback0

鉄靴を造れ その16 減量

踝が終わったら、全体を整えるぞ!

調整は変化が無いので画像にないけど、けっこう何時間もかけて丁寧にやるのがコツ。改めて一つづつのパーツを綺麗に整え、一つ一つの連結を綺麗に整え、部位ごとのカーブをしっかり付け、縁も綺麗に整えて全体をしっかりとまとめてゆく。全体が綺麗になったら、今度は左右の足を綺麗に揃えてく。

これがけっこう厄介で、片方だけ綺麗になっても、左右の足が同じにならないことが多く、同じにしようとするとまた形が変わったりなど、けっこう面倒臭い。だけど、この調節できちっとやるかやらないかで仕上がりの差が大きく出てしまうから、前の胴鎧と同じで、何時間かかっても下らない妥協はせず「もう十分だ」と思えるくらいやる。
いつものことだけど、自分との勝負だ!
(。`Д´。)ノ

P1100699.jpg
修正が終わったら、あとは磨きと組み立てね。

というわけで、すべてが終わったので板の重なり部分をカットしちゃいます。画像で見るとマジックで線がしてあるけど、それは重なり部分の縁です。つまり1枚ずつの板は半分くらい重なっていたことが分かるわけだ。板の重なりは重くなるだけで意味が無いので、画像のバツ印の部分は、可能なかぎりカットしちゃう。
あんまりギリギリだと衝撃で抜けちゃうから、1センチくらい残してあとはざっくり切ってしまうのがいいと思う。残り長さの決まりはないので、このままでもいいし、もっとカットしてもいいぞっと。

この画面では4パーツにバツ印があるけど、これらを4箇所ともカットするだけで、30g以上も減量するのだ!(左右足で60gほど)踵や下縁などもあちこちカットしたので、トータルでは40gほど(左右で80g)減量したことになる。これはカットが終わると分かるけど、ビックリするほど軽くなる!完成後の重量から逆算すると、重なり部分をカットするだけで、単純に考えても2割の減量につながる。重なり部分を減らすと、いかに鎧が軽くなるかがよ~~~くわかる。

ドイツ式ゴシック甲冑の縁のウネウネとかは、デザインとしてウネウネしているわけではなく、あちこちが減量に伴う必然的な形なんだけど、復元だとほとんどその意味を無視してカーブや突起を勝手に付けて再現している。「減量と形」については、ひとつの本が書けそうなくらい深い話題なのでここでは割愛ね。
☆^∇゜)

P1100702.jpg
バラバラにすると混ざって危険なので、最後にしっかりと左右のサインを入れてから分解しましょう。これ本当に大切だから、しつこいくらいに気をつけてね。

さー形は完成した!磨きに入るぞ!!!
(・ω・)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
.19 2011 足の鉄靴 comment2 trackback0

鉄靴を造れ その15 踝

蝶番が取り付けられたことで、鉄靴全体の形が出る。
ここまで来ると、ようやく靴らしくなったな~と思う。(笑)

さて靴の形が出来上がったら、今度は人足の形に近づけていきま~す。鉄靴の中に運動靴を嵌めこみ、採寸した踝(くるぶし)のところに印をつけるん。運動靴に直接印してしまってもいいし、裸足で高さを測って、靴の中からの高さをはかるのでもオッケー。

踝の骨は筋肉も皮もほとんど覆いがないので、鉄鈑と当たるとけっこう痛い。だからそれに当たらないようにするのはとっても大切なこと。昔の西洋甲冑の鉄靴を見ると、踝を綺麗に避けて、踝の形に見事に立体になり、足の動きを妨げないようになっている。これは本当に見事なので、余り見ることのない踝を、本でじっくりと眺めてみてくださいな。
(・ω・)ノ

P1100695_20110218230827.jpg
踝は頂点から丸く広がるので、その面積を大きく印をする。その印に鉄靴が重なる部分を印する。これは運動靴だから、靴底の厚みがあって割と高くなる。中世の靴だともう少し下になると思うので、その時は蝶番の高さと大きさに注意。最初に造るときや蝶番のサイズを決めるときは、予めある程度の概数は決めておこう!

P1100697_20110218230823.jpg
こっちはカットしたところ。1センチくらいカットしたかな?最初からぴったりだと難しいので、自由にカットできるようにデッカイのが理想。めんどくせーとか思っていると地雷を踏んでドカン!です。(笑)

P1100694_20110218230823.jpg
こちらは反対側。注意力がある人なら気がつくだろうけど、人間の踝は、内と外で高さが全く異なるん。だからそれぞれ実寸で印をつけてカットするのね。数字だけでやるとぴったりならないので、出来ることならテスト履きをして確認がダイジ。後から調節できないからね。
外側の踝はけっこう適当だけど、内側の踝は内側に可動範囲が大きいので、できればちょっと広めにカットするのがいい。でもできるだけ残したいんだよね。(笑)

P1100696_20110218230827.jpg
カットしたところ。重なった部分は見えないけど、ただぶった切るのではなく、重なった部分のカドもきれいにカーブで整えとくこと。

画像が無いので説明してなかったけど、この画面の中央にあるのが「ポッチ鋲」。これが穴に引っかかって踵パーツの開閉がロックされているけど、説明しなくても構造は分かるよね。(笑)
( ´_ゝ`)





※文章画像の無断転載厳禁
.18 2011 足の鉄靴 comment0 trackback0

鉄靴を造れ その14 取付2

P1100690_20110218025722.jpg

踵側が終わったら、甲側に付けるよん。
ズレて付けちゃうと、ズレて付いちゃうので丁寧に付けましょう。
一見ただ穴をあけて留めているだけのように見えるけど、取り付けるのはけっこう手間がかるのだった。位置をしっかり決めるのも面倒だけど、その位置にきちっと穴をあけるのもたいへん。
開けた穴の下に蝶番の板があるので、そこにも同じ位置で穴をあけるけど、フラットに見える足の側面は平皿のようにわずかに湾曲している。だから蝶番の板は真平らのままでは1ミリほど浮いてしまい、フィットして取り付けることが出来ない。
これが嫌だから安いのは側面をフラットにしたり、浮いたまま取り付けたり、デタラメでも付けられる表面に取り付けてしまうのだが、ここはできるだけかっこよく本式に内側固定にこだわるのだ!

なので蝶番の平板も、側面板に合わせてわずかに湾曲させる。あまりやり過ぎると曲がり過ぎて蝶番が動かなくなるので、このへんもバランスを考えて微妙に変形させましょう。力づくで圧着させようとすると、蝶番平板のほうが硬いので、側面板のほうが変形して平板に沿ってぺったんこになってしまうので、そうすると踵パーツと合わなくなってしまうから、絶対に変形させないように注意するのがだいじ(文章ではチンプンカンプンだ)。

このへんの面倒くささは、楽しむくらいが吉。♡

P1100691.jpg

最初は違和感がるけど、微調整すれば問題なし。
取り付けがうまくいくと、こんな感じで自由な開閉ができまっす!
わ~い。楽しいな~♡
ヽ( ´¬`)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
.18 2011 足の鉄靴 comment0 trackback0

鉄靴を造れ その13 取付1

さて、作った蝶番をさっそく取り付けるよん。
右足と左足をよく確認し、それぞれの取り付ける左右側をよく確認する。そんなの間違えるわけねーだろ~、なんて思いそうだけど、向かって置いたり、向けて置いたり、横にしたり、ときどき左右が入れ替わるから、いつも左右を気にしていないととっても危険。おかしいな~と思ってみると、左右が混じって反対になっていることがよくあるので要注意だ。(笑)

とりあえず画像のようにガンガンマジックで左右を書こう!
触っているうちに字が消えてくるので、細目に書き足す。
どこかに傷をつけてもいいけど、それを間違えると消えないから困る。
普段から確認する癖を付けていると、くだらないミスの9割は防げるぞ。
(^_-)v

P1100687.jpg

重なる部分を決定して、そこから不要部分を割り出す。シマシマが不要部分。
一直線にぶった切るのではなく、重なりノリシロをちゃんと残すのね。これをしておくと重なり部分があるので、刃物が中に入らないのです!一直線にぶった切ると、刃物は入るし、自分の肉は挟んで痛いし、ろくなことがない。
といっても重なりが多ければいいわけではなく、それだと開かなくなるし、余計な重なりで重さが増える。このへんは感覚なので、本物の西洋甲冑を見て考えてください。
☆^∇゜)

P1100689.jpg

踵パーツをカットしました。
それに合わせて蝶番も適当に合わせる。蝶番の位置は、カットした縁に沿って合わせ、鋲の位置もカットした位置にあわせる。そこに穴をあけ、直線上に鋲を通せば、蝶番はそのままの位置で固定される。
一見当たり前のような単純なことだけど、何も考えないとけっこう失敗する。どう失敗しやすいかはやってみるとわかるので、蝶番一つでもかなり勉強になるので面白いです。
(´ ▽`).。





※文章画像の無断転載厳禁
.18 2011 足の鉄靴 comment0 trackback0

鉄靴を造れ その12 蝶番

形がだいたい決まったら、細かいところの細工だ!

そういえば蝶番(ちょうつがい)って画像アップしたことあるのかな?部品で載せたこともないような気がするが、工程記録を載せた記憶がない。せっかくだから簡単に載せてみたいと思います。

蝶番を作ろうとすると「売ってるよ」と何度か言われたことがあるん。これは三浦さんも同じに何度か言われたことで、確かにそうなのだ。だけど市販の蝶番は、扉用に作られた現代の物。中世ルネサンス時代の蝶番は、鎧用に個別に作られたもので、現代のものとは形と構造が違うのです。
(・ω・)ノ

これはちょっと分かりにくいけど、扉用のものは、センター棒を左右から端だけ包み込むようにできている。だけど甲冑用のものは、センター棒を左右の板の全部で包みこむようになっている。言葉で説明しても分かりにくいから、画像を見ればすぐ分かるかな。
センター棒を全て包んでいるので、捻れや横の力にも強いのだ。特に小さい蝶番は、現代のものだと捻るとすぐに開いて崩壊しちゃう。だから小さくても鎧用の蝶番は二重板になっている。これは作ってみると分かるけど、小さいのにタフですよん。(笑)

それに何と言っても、手作りの蝶番はサイズが自由。幅サイズはどんなサイズでもいいし、センター棒を巻きつける区切りの数も自由。メッキもないので加工も装飾も自由で、自分の好きな設定ができるのが手作り蝶番のいいところ。なかなか綺麗に作るのは難しいけど、これもこれで楽しいのだ!
(´ ▽`).。

P1100667.jpg
鉄鈑をカットしたところ。長さは変えられるので幅をしっかり。
P1100669.jpg
2枚それぞれを二つ折りにする。だから厚すぎるとたいへん。
P1100670.jpg
センター棒の隙間を残して丸く潰す。ここはちょっと面倒だけど、万力などを上手く使うとそれっぽく出来る。そしてカットする部分をマジックでしるし。
P1100671.jpg
センター棒を抜いて、印の部分をカットする。
P1100672.jpg
印をカットしても、とうぜんギザギザなので合わない。
P1100673.jpg
ヤスリで削ると、二つが合わさるようになる。だけどセンター棒を通そうとすると中でつっかかって通らないので微調整する。
P1100674.jpg
少しずつ調節すると、センター棒が通るようになる。
P1100675.jpg
原型はこれで上がり。潰したりすると少し形が変わるけど、そのへんもハンマーで調節するときれいなフラットになる。
P1100681.jpg
デカ過ぎるので端をカットしておく。
P1100682.jpg
端を整えてだいたい完成。使うときには板部分がわずかにカーブする。これは甲冑パーツが平面でないことから起きることで、取り付けるときにはけっこう曲げないと付けられない。なので鋲穴は最後の最後に開けるので、この段階ではイメージ印だけで穴は開けない。鉄靴ではこれを二つ使うので、もう一個造ろう!

まだそれほど回数を作ったことがないから、このときは下手っぴだね。
ヽ( ´¬`)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
.18 2011 足の鉄靴 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。