FC2ブログ

脚鎧を作ってみました その44 感想

最後なので、簡単に全体を振り返って感想を上げてみますね。
これを作ったのは結構前なので覚えてる範囲で書きますびょ。

手元に現物が残ってないから、毎度のこと人に見せることはできないけど、今回も初めて作ってみてそれまで考えていたことの何十倍ものことが学べてとても嬉しかったね。脚は構造が複雑で許容範囲が狭いから、ミリ単位でたくさん調節した。ちょうど靴のときもミリ単位で調節したから同じ感じかな。とにかく注意する部分が多くて疲れたのが第一感想なり。

できることなら、具体的な歴史物を再現したかったけど、今回も体験なのでオリジナルデザインでやってみたのよん。ちょうど15世紀と16世紀の両方の構造を取り入れたので、ふたたび間の子デザインだけど、メカニズム的なところの体験が具体的にできて本当に嬉しかった。♫

P1100916.jpg

今回大きく学んだポイントは以下の3点。
1:腿当の札の干渉具合
2:膝当の連結札の角度と複雑さ
3:脛当のマイナス三次元の立体

どれも今までにはないハイレベルな課題となって、100点とはいかなかったが、悩んだことにより今までにはない具体的な問題を体験として知ることができて自分でもビックリなのだ。何となく解っていたり、知っているようでも、具体的に直面すると10%も解らないことを思い知らされてしまう。今までいくらでも本で見て来たし、三浦さんのところで観察して、見せてもらいながら手に持って動かしていても、自分でやってみるとまったくできず、体験が勉強よりいかに多くを学ぶかが改めて理解できたのだ。

といっても体験する前には予備知識として基礎勉強は絶対に必要なんだよね。基礎勉強が先か、経験が先かは、ニワトリと卵の関係で難しいけど、どちらにしても両方必要になることは確かだ!勉強だけでは造れないし、体験だけでは造れない。力と知識の両方が必要な西洋甲冑作りの難しさと思うところ。

そんなことから、今回も初めての製作経験でここまでできればまぁまぁかなと思うところ。うまくいかなかったところや妥協した点、気に入らないところなどあげればきりがないが、挫折しなければ基本的には完成のゴールなのじゃ。「ヘボでもいい。完成させることが一番大事なんだ」と言っていた三浦さんは強い意志だなと思った。
(゜Д゜)

P1100949.jpg

設計図なし、図面なし、スケッチなし、サンプルなし、型紙なし、アドバイスなし、経験なし、写真なし、機械なし、デジタル機器なし、と毎度ながら無い無いだらけの空想だけで造った西洋甲冑パーツ。装着者の体にも若干当たる部分があったなど問題も残ったけど、これはこれで最善を尽くしたでヨシとしましょう。不満が多いので、今までの中では点数評価は少なくなり50点くらいかなと思うところ。やっぱり着用者本人の体で詳細なサイズや角度を確認できないと問題が起きやすいな、と改めて実感するのであった。

不満ばかり残った感じだけど、それはそこから学べるものが多かったことを意味するので、ちっとも残念とも思ってましぇ〜ん。むしろ多くのことが勉強できたと嬉しかったくらいだ。そして学ぶものが多かったということは、それが難しいということなのだ。そして経験値がたくさん入ったことになるのだ。想像してできることは想像の範囲。想像の域を超えているということはそれが複雑だということだね。

だからうまく行かなくても失敗だと思わないし、ダメ作品だと捨ててしまう日本文化みたいなことはしないよ。諦めたり捨ててしまうことは負けを認めることになり、RPGゲームで言う「戦闘に負けて死んだ」と同じことで経験値が入らない。だから最後までしがみついて自分の足跡を残すことで進歩と成長を噛み締める。満足のいく作品だけ発表して自慢しているようでは、それは日本の「臭いものには蓋をする文化」「隠蔽文化」みたいで、わたしゃ好きになれんのじゃね。三浦さんの言うように何でもオープン、なんでもポジチィブに!


P1100940.jpg

何はともあれ、形は完成したのでとりあえずおめでとうでとうなのだ!
そしてお疲れさまでした〜
(あ〜見れば見るほど今から直したい(笑))
ヽ( ´¬`)ノ


実質作業:約158時間(両脚)
重量:約2100g(片足全体)
材質:鉄1.6mm、1.2mm

実際にはもっと多くの時間を費やしているだろうね。
とくに今回は悩みや修正に多くの時間を費やしている。
ヽ( ´¬`)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
スポンサーサイト
.10 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

脚鎧を作ってみました その43 完成

組み立てが終わり、完成しました!
ヽ( ´¬`)ノわ~い!ばんざ~い!

P1100943.jpg

P1100945.jpg

P1100941.jpg

はい、すべて完成しました!
ここまで来るには、あまりに道のりが長かった・・・。
いうなれば、腿当、膝当、脛当、の3種を作ったのですからね。
しかも同じ形のものを左右セットで。
(´~`;)

なんて愚痴はおいといて、まずは完成したのでよしとしましょう。
いまこうして見ると気に入らないところや問題点だらけなんだけど仕方ないね。
不満は次回に活かしましょう!




※文章画像の無断転載厳禁
.25 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

脚鎧を作ってみました その42 部分組み立て完了

P1100938.jpg

え〜、部分組み立てが完了しました。細かいことは省略ね。
(^з^)-☆

もちろん左右の脚を進めるので、けっこう時間がかかりますのよ。しかも組み立てるとだんだんとでっかくなるので、重くなるし不安定になって、次第に鋲が打ちにくくなるのだ。これは前にも書いているけど想像以上にたいへんなのだ。

おまけに、大きいだけでなくフニャフニャして倒れてくるし、上から覆い被さってくるし、手にパタンと倒れて来て痛い思いをしたり、やっと安定させると自分の体と方向が合わなくてハンマーが打てないとか、やっとハンマーを打てるようにすると今度はハンマーの上が当たって振り上げられなくて鋲が打てないとか、なんかもうこうなると、我慢比べとトンチ比べ大会になってしまうのじゃ。

しかも最後になればなるほど、この厄介な鋲打ちの難度は、飛躍的に上がっていく!

このイライラと創意工夫が最後の大難題だと思う。はっきり言ってギブアップしそうになるときは、時給1000円でバイト君をサポートで雇いたい気分になる。でも助手がいるのが当たり前だと思ったら、頭のレベルは上がらないよ。三浦さんから教わった「絶対に諦めない」でひたすら考えるとだいたい何とかなります。1日とか時間を消費しちゃうけど。
(*´∀`*)

と、ここまでくれば後はオール合体パイルダーオン!

P1100939_2.jpg





※文章画像の無断転載厳禁
.24 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

脚鎧を作ってみました その41 組み立て準備前

P1100934.jpg

細かい部品紹介は割愛ね。

これで基本的な組み立て前の準備が整ったところ。早く組み立てたい気持ちを抑えることが大事で、このときでも左右や順番が混じっていないか今一度良く確認すること。流れ作業で組み立ててしまい、後になって過ちに気がついたときほど青くなるものはないので、とにかくひとつずつ丁寧に確認と進行シミュレーションをしましょう。
(^∇^)

組み立てるときは、腿当、膝当、脛当、で分けて考えること。それぞれの部位ごとに順番を良く考えまーす。腿当、膝当、脛当がそれぞれまとまれば、最後はそれを全部くっつけるだけでごわす。脛と膝は難しくないけど、腿当は部品が多いので合体の順番がとても大切になるんだぎょ。
( ´ ▽ ` )ノ

順番を間違えるとエラい目にあったり、時には組み立てできなくなることがあるので、部品の重なりと、可動部分の理屈と、鋲が打てるスペースを考えるなどなど、注意することはたくさんあるので、慌てずによく考えましょう。

どれほどやりにくくても、どれほど難しくても、鋲を打つときは一人でやらなくてはいけないので、リスクをできる限り回避できるように努めないと、西洋甲冑の組み立て完成は、近くて遠い道のりになってしまうのじゃ。何度も言っているけど、西洋甲冑は鉄板作業ではなく、革留と鋲留に大きなウエイトがかかっていることを忘れないように!

はっきり言う。
革と鋲がきちんとできないと、鉄板部品だけでは鉄クズです。
ヾ(。`Д´。)ノ





※文章画像の無断転載厳禁
.24 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

脚鎧を作ってみました その40 革部品付け

P1100914.jpg

組み立て前に革を付ける下準備進行中。
これは腿当の上部の部分ね。足を折り曲げたときに足の付け根に強く縁が当たらないようにするために、腿当の上縁は段がずれるようになってる。鋲で連結するのではなく、このように半分革で連結しているので、圧力がかかると適度につぶれてくれるなっている。

これをしなくてもいいけど、大きくつぶれたときには足の付け根に強く当たるから痛いよ。昔の人はいろんなことを工夫したな、と感心してしまうのだ!

P1100915.jpg

これは見ての通りの膝当のベルトね。
膝に関しては今回の作業でずいぶんといろんなことを学べた気がする。板金テクニックとは関係ない、数学とも違う、幾何学的な、自然造形のような、あるいみ感覚的な造形感覚が最も必要なのかなと思ったところ。

膝のベルトはどこに付けても同じだと思われているけど、すべての部品をつなげてみるとこのベルトが干渉して問題が起きることがあるので、どこにどうやって付けるかよく考えよう。じゃー組み立てしてからベルトを付ければいいじゃん!と思われるがまさにその通りで、そのほうが適切に付けられるので良い。だけど組み上がった全体がデカすぎて、鋲が打てないことに気がつく後の祭りなのでした。(笑)

P1100913_2.jpg

これは脛当の足首周りね。
ベルトとは別に、足の甲にも革をあてがってます。これは脛当が固定されていないことで、足の甲に当たる可能性がとても高いことを考慮して、またはぶつかって傷がつかないように、ちょっと革を当てたものでごわす。ここに靴との隙間ができる可能性も高いから、それをカバーする意味も大きいね。

で、この作戦はどちらも予想通りになったのでオッケ。
この革を付けるのはかなり難しいので、同じアイデアを行うときは、かなり時間をかけてあれこれ作戦を立ててからやりましょう。革の形や鉄板のカーブが合わないし、鋲を打つのも至難の業。こういった見えない地味なところほど難しい技が必要なのね。

以上、組み立て準備完了!
♪( ´θ`)ノ




※文章画像の無断転載厳禁
.24 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

脚鎧を作ってみました その39 革部品

組み立て前に下準備を進めま〜す

組み立て前は、革部品を先に付けるのが鉄則なのだ。革パーツなんて後でもいいでない?、と思われるけど、後から付けようとすると全体が大きくなっているしハンマーが入りにくいところがあるので10倍以上苦労する。だから経験した人なら分かると思うけど、革部品は組み立て前にすべて付けておきましょう。

革を後から付けるのは修理のときにそのたいへんさを経験することになる訳だけど、海外から購入する西洋甲冑は、しばしば革部品が付いていない物や、ついているけどへんてこりんな物がかなり多い。付いていない物は自分で付けることになるし、変なところに付けられると、それを一度外して新たに自分で付け直すと二度手間になり、これに関しては多くの人が苦労を体験している。

だから革部品を付けるときは、最初に付けること、適切な場所にしっかり着けること、これを良く覚えておくことかな。よく西洋甲冑は鉄板がメインだと思っている人が多いけど、それはちょっとした誤解ね。こうした革ベルトや革パーツがなければ、ガソリンもオイルも空気も入っていない車と同じで、まったく機能しないことになる。よく動いて心地よい甲冑は、こうした革ベルトや革パーツがよくできているのだ。

といっても革ベルトやパーツの長さや位置は、個人差もあるから、なかなか適正適切になる訳でもなく、けっこう悩まされるポイントなんですよね。
(;´ω`)

ちなみに今回使っているバックルは市販の物ですよん。真鍮を使っておりかなり贅沢です。この形はクラシックタイプで現代ではほとんど使われなくなった形でございます。現在は丸くて太いのが主流になったから、これを手に入れるのはもうできない状態。半端品を譲ってもらえたので今回使ったのでごわす。真鍮部品をゼロから作るのはこれまたたいへんだから、根性のある人は自作して苦労してみるのもいいのではないでしょうか。

P1100912.jpg
P1100910.jpg
P1100911.jpg

革パーツを付けるところには、こうしてあらかじめ印を付けてありまっすよん。ペンで付けた印は磨くと取れてしまうので、はじめから穴をあける前提でこうして印を打ってある。後はここに穴をあけるだけなので簡単だ!

あとから印をつけようとするとつるつるして持ちにくいし、印をつけにくいし、光ってセンターや位置が分からないのでとっても苦労するので、はじめにやっておくのを強くお勧めいたしますですよ! ちなみに、ほとんどのところは大きくカーブした曲面なので、ボール盤は使えません。一つ一つ手でドリルで穴をあけていきましょう。
( ´ ▽ ` )ノ





※文章画像の無断転載厳禁
.23 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

脚鎧を作ってみました その38 錆び止め

P1100909.jpg

組み立ての前にはこうして裏側に錆止めを塗っておくのね。裏は磨いていないからすぐ錆びてしまうので、何でもいいから塗っておきましょう。何でも、何でもいいのだ!ホームセンターへGo !

それからワックスやペンキは定着させるのに一日置いた方がいいかな。すぐに乾くけど、いじるとやっぱりはがれやすいので、慌てず放置して乾燥するのを待った方がいいと思います。

あと、こうして裏に錆留めを塗っておくとナンバリングの印が消えてしまうので要注意ね。右も左も区別つかなくなるし、順番の1、2、3、4、も消えてしまうので、見て形が分かる物は別として、混ぜてしまうといっさいの区別ができなくなるので組み立てに高いリスクが発生してしまう。画像のように左右にしっかり分けておくのも基本だけど、箱をひっくり返してしまうこともあるので、別の方法で何か印をつけておいた方が、何かと事故防止になっていいと思うよ。

しかし今思うと後で修正したいところや、予想から外れていた部分などがあって残念。完成してみないと問題点が分からないのだから本当に困りまする。図面があってそれに向かって作業をするのとはまったく世界が違うから厄介で、目隠しして東京から大阪に向かう気持ちです。
(;´д⊂ヽ





※文章画像の無断転載厳禁
.23 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

脚鎧を作ってみました その37 磨き上げ完了

えー、粗中細の磨きが終わりました〜。
磨きは何度も書いているのではしょっても問題ないやね。このへんは何も変わらずで、とにかく地道に段階的に磨いていくしかない。辛くて地味なので手を抜きたくなるけど、ここで仕上がり具合が大きく左右するから、決して妥協しちゃダメだよ。手を抜くとどれほどしっかり作ってかっこ良くても、ダサダサに見えてしまうのだ。

これはリサイクルショップでも中古点でも同じことだけど、汚れていたり傷がついていると印象悪いよね。鉄板で作ってある西洋甲冑も同じで、なんか凸凹して傷だらけだと印象が悪いのだ。これは使い込んで味があるのとは別で、綺麗なのに質が悪い印象を受けちゃう。逆を言えば、作りがヘボでも、綺麗に仕上げてあって普通に使えると、かなりイイ印象になるから不思議だ!

P1100906.jpg

P1100907.jpg

これは磨きが終わったアップ。
これだけ見ると平らになってピカピカだから、もういいんじゃね?と思うよね。海外の甲冑メーカーはだいたいこの段階で完成になってます。場合によってはこの一手前の、中磨きで完成としているところもあるね。今までのサビサビ鉄板から比べれば考えられないほど光って輝いているけど、これでもよく見ると磨き傷が残っているので、個人的には今一に感じる。

なぜかと言うと、部品によっては磨き傷の目が縦と横があり、それらが組み合わさるとどうしても変な光り方をするので、それをなくすために仕上げ磨きで均一にするべきだと思って、もう一工程磨きをかけるのだ。
( ´¬`)ノ

P1100908.jpg

で、話はぶっとんで、仕上げ磨きが終わりました。
(・ω・)ノ

こうして見比べると分かるけど、ギラギラした強い光が押さえられ、均一的な鈍い鉄色になるので、私はこの方が断然好きであ〜る。面倒くさいけどこちらの方が錆びにくいし傷も目立たないし、鉄らしくて甲冑らしくて良いと思うけどどう思う?あまりにミラー磨きにするとクロムメッキみたいに見えたり、ステンレス鋼に見えるなど、どうも鉄の印象が無くなる感じ。
でもこればかりは好みかな。
(やや白く曇って見えるのはワックスがついているから)

さーて、ようやく磨きも終わったので最後に組み立てね。
(文で書くと簡単だな(笑))





※文章画像の無断転載厳禁
.23 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

脚鎧を作ってみました その36 凸凹消し

これはグラインダーで錆を落としたところね。方向がバラバラだし傷だらけなのがよく分かる。だから錆を落としただけではダメなのだ。わずかに陰影が見えるのは凸凹があるからです。ここから粗磨きで表面を平らにしま〜す。

P1100903.jpg
P1100904.jpg

こっちは表面研ぎが終わったところだ。物は同じでも磨き傷が一定方向で、表面を削り取ったのでかなり平らになってるん。一回だけ磨くだけではこうならないので、目の粗いサンドペーパーで、縦横何度も削り取るように磨くとこうやって平らになるので根気よくね。

この行程はどうしても機械ではうまくいかず、力もいるし、なんかいい方法がないかなと思っているけど、これといって良い方法が見当たらなくて、いまだに手でグシグシ削っています。一つのパーツでもけっこうしんどいのに、複数のパーツはかなりくたびれるよね。また凸の形は磨きやすいけど、凹の形は倍にしんどいので、こうなると体力と根気かなと思うところ。

P1100905_2.jpg

たぶん2〜3日やったかな?休憩が入るからどうしても時間がかかっちゃうよね。とりわけ脛はかなり時間をかけて磨いたのだ。あれだけボコボコに殴っちゃうと、その凹凸を綺麗に取るには、かなり丁寧にやらないとダメだから、ここはマジでへろへろになるほど苦労したね。脛は何から何までハードルが高いパーツなことがよく分かった。肘、膝、脛、首と作れて初心者クリアーというのも納得だよ。

ここまでで表面研ぎは終了!
あとは粗、中、細の磨きだ!
(´~`;)





※文章画像の無断転載厳禁
.23 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0

脚鎧を作ってみました その35 表面錆び落とし

P1100900.jpg

磨き作業に入るよん。

はじめはいつものようにグラインダーで表面の錆び落しね。このときに極端な凸凹を見つけたら、無理に削ったり、凹みをほじくるのではなく、ハンマーで綺麗に平らにするのが良いよ。そして形が気になったり、縁がきちんと整っていなかったら、それらもきちんと修正しておくのが大事。単純作業ではなく、チェックを兼ねているので、テキトーにパパッとやっちゃダメだよ。この段階ならいくらでも修正が利くので、このときは気を抜かず丁寧に作業しましょう。
ヽ( ´¬`)ノ

見ての通り表面の錆は綺麗に落ちましたよ。これでピカピカと思ったら大間違いだ。見ての通り傷だらけでとてもではないが綺麗とは言えない。そしてこのままだとあっという間に錆が浮いて来るので、一気に仕上げてしまわないといけないのだ!時間との勝負なので頑張れい。

P1100899.jpg

こんな感じですべての部品の錆び落しが終わったところ。右と左に分かれて置かれちょるよ。こうして太陽の光を浴びると、グラインダーで傷だらけでもピカピカに光って見えるからすごいなと思うぞな。

グラインダーで作業すると、機械パワーなので簡単に進んでしまって機械頼りの感覚になっちゃう。このときに起きるのがゴリ押し磨きで、前に書いた凸凹処理を無視して、このグラインダーの力で山を削り取り、谷を無理矢理磨いてしまうと、確かに凸凹の錆は取れて一見綺麗に見えるけどそれは錯覚で、凸凹が残ったままになっているのでとっても注意なのだ。

これはあとで仕上げ磨きをしてみるとよく分かるけど、凸凹のままピカピカになってしまうのでダメなのだ。ようはインチキするとあとで付けが回って来るのでダメってことね。優劣の差はそんなところだと思いますよ。

さーどんどん進みましょう!
ε=┌(゜∀゜)┘





※文章画像の無断転載厳禁
.22 2012 脚の脚鎧 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世