FC2ブログ

2019年・新年明けましたおめでとうございました

 2019年・新年明けましたおめでとうございました。

 早いものであっという間に2019年でございます。忙しいとはあんまり表現したくないんですが、年々忙しくなっているなと思うところ。これはひとえにやれることが増えたということで、これは経験が増えたのだと思うのでありがたいでございます。

 そういえば、先だっての年末に、西洋甲冑師・三浦さんのところに年末挨拶へ行ってきた。ずっと連絡が取れなかったので心配だったけど、ご家族経由でなんとか連絡が取れて訪問してきた。ずいぶん久しぶりで、これほど間を空けて訪問したのは初めてかもしれない。

 話を聞くと夏に体調を崩したそうでございます。現在は寝たきりに近い状態でなんとも残念ですが、高齢は時の流れでございましょうか。なんとなくの雑談をしてきたけど、振り返るのは出会った時からの昔話ばかりでございます。

 さて、そんな三浦さんももう活動ができないため、後を任されることになりましたです。作品は残せたけど弟子の一人も育ててないのも寂しいからと、後任の弟子認定をいただきました。と言っても何か教わったわけでもないし、技術継承したわけでもないんだけど、二十数年間ずっと一緒に歩んで、後を任せられるということで弟子の許可をいただきました。

 弟子とかそんな身分でも能力でもないんですけど、任せられると三浦さんの判断をありがたく頂戴したいと思います。弟子だからと何かするわけではないけど、工房は自由に使って良いと許可をいただいたので、勉強会などを開催できたらな〜とか考えてますね。何か計画して、そのうち発表したいと思いますです。今年もよろしく。
(´ ▽`).。

azVoROEIa_tEqTj1547138668_1547138784.png





※文章画像の無断転載厳禁

スポンサーサイト
.12 2019 日記、お知らせ comment0 trackback0

レイピア&ダガー(シンセティックソード)輸入しますよん♪

 お待たせしました!以前に希望をいただいたシンセティックソードのレイピアを輸入しますので、希望の方がいましたら下記の案内を読んで連絡くださいませ。ついでにダガーとソードも輸入します。毎度同じなので簡単に書いときます。

 募集は2018年11月末受付まで(厳密ではありません)となります。
 〆切後は、予備在庫のみとなります。在庫より注文の方が安くなるよ。
(・ω・)ノ

(画像は手持ちの自前品でイメージです。輸入品は仕様が変わることがあります)
LFMSnObSXapDCBP1542368932_1542368961.jpg

1◆(細いタイプ)レイピア概要
0JQeprlUFoEruzG1542368863_1542368873.jpg
rWrQ458kZR4Hcue1542368894_1542368906.jpg
全長:約112cm
刃渡り:約94cm(付根から約100cm)
重量:約900g
材質:刃はナイロン、鍔と柄頭は鋼
 1600年頃のレイピアを模したシンセティックソードです。主に決闘や護身に使われるもので、刃は細めです。剣同士で打ち合いをすることもできるので、コスプレ以外の剣戟で利用することができます。
注文価格:@25000円

2◆(広いタイプ)レイピア概要
00c6nobCs_i_S4Q1542368803_1542368816.jpg
SKQBfjNTK_rI9WF1542368835_1542368847.jpg
 15世紀後期頃のレイピアを模したシンセティックソードです。主に決闘や護身に使われるもので、刃はやや広めです。細いタイプより刃がわずかに短くなっています。剣同士で打ち合いをすることもできるので、コスプレ以外の剣戟で利用することができます。
全長:約109cm
刃渡り:約95cm(付根まで約99cm)
重量:約1000g
材質:刃はナイロン、鍔と柄頭は鋼
注文価格:@25000円

3◆パリーイングダガー概要
v6hw9PSu9Ck8D5f1542368602_1542368672_20181116220301ff4.jpg
IuFtyknzHENt59B1542368688_1542368705.jpg
 15〜16世紀に利用された左手用短剣(パリーイングダガー)を模したシンセティックソードです。単体で使用することはあまりなく、主にレイピアと組で使用していました。レイピアを右手に持ち、ダガーを左手に持ち両手で戦うスタイルで使用しました。コスプレだけでなく、打ち合うこともできるので剣戟で利用することができます。
全長:約52cm
刃渡り:約39cm
重量:約400g
材質:刃はナイロン、鍔と柄頭は鋼
注文価格:9000円

4◆(片手剣)ソード概要
0to02DKesLMnhlh1542368724_1542368739.jpg
pLLVkfq0rzn01rW1542368755_1542368785.jpg
 14〜15世紀に利用された一般的な片手剣です。大きさは実物に近いサイズで作られています。コスプレだけでなく、打ち合うこともできるので剣戟で利用することができます。
全長:約95cm
刃渡り:約79cm
重量:約800g
材質:刃はナイロン、鍔と柄頭は鋼
注文価格:16000円

◆購入は下記の流れとなります。
・コメント欄から非表示で、下記の項目を知らせください。
 名前
 フリガナ
 郵便番号
 発送先住所
 電話 
 返信用メルアド
 希望の品
 (TwitterのDMからでも構いません。面識ない方でもオッケです。)

・希望をいただきましたら内容確認の返信を送ります(いつもと同じ)。
・集計が済んだら、まとめてメーカーへ注文を送ります。
・メーカーから注文確定の案内が届いたら支払いのお願い案内を送ります。
・代金の支払振込をお願いします(高額なので先払いです)。
・品物到着後に、品物を発送いたします(注文後2〜3ヶ月程度で到着予定)
・輸入品なので、原則として返品交換はできません。高額品なのでキャンセルはできません。
・品物が大きいので、送料は一律2000円です(手渡し送料無料)。
 (3点から送料無料にしますね(ダガーを除く))
 ※メーカーの都合で品が届かない場合は、全額返金します。
 ※支払いさえしてくれれば何本でも注文オッケです。
 ※それ以上は2口発送になります。大型発送も可能ですが送料は高くなります。
 ※分割支払いを希望の方は、先にお申し出ください。割増になりますが対応します。
 ※不明な点はコメント欄から非表示で質問を送ってください(返信メルアドをお忘れなく)。

 以上です。
 
おまけ
 ロングソードの「中サイズ」「小サイズ」はまだ僅かに在庫あるので、希望者がいればついでに受付ます。少量なので完売したらレイピア&ダガーのついでに注文しときます。ロングソードは下記のページへどうぞ♪
ロングソード案内





※文章画像の無断転載厳禁

.17 2018 販売品・売却品・在庫 comment4 trackback0

おわりました♪日本甲冑武具研究保存会・9月本部月例研究会

 先日開催された日本甲冑武具研究保存会・9月本部月例研究会『西洋甲冑入門〜歴史的変遷と構造』が無事終わりました。短い時間でしたが有意義な勉強会でした。

公式サイト案内→こちら

 随分前に打診をだけいただき、条件や内容を伺って最終的に決まったのは開催1ヶ月ほど前でした。用事が多くて綿密な準備ができなかったけど、1時間少しで説明できるのはわずかな情報なので、あえて触りの入門の話だけになりました。

 しかしこれだけ簡素にしたにもかかわらずやっぱり時間は足らないので、最後は駆け足になっちゃいました。やっぱり最低でも4時間欲しいし、通しで説明するには100時間くらい欲しいですね。ギリシャローマ時代の古代から、中世〜近世へかけての歴史の中で、プレイト甲冑は200年くらいしか利用されてないのが伝わっただけで十分かと思います。

8V2POlFCf_n1gVb1537166306_1537166430.jpg

 後半は質問タイムだったけど、ほとんどは1600年頃の日本と関わりのある胸当の話や、それに関わる銃の話だった。私は1600年以降の甲冑は興味ないし、銃は専門外なので質問されても表面的なところしか分からないからちょっと困った。銃に興味あるのでしたら、海外の資料に当たるのがオススメですね。銃の研究家はすごいたくさんいるでございます。

 とはいえみなさん大変熱心で日本に関わりのある、日本に大きな影響を与えた西洋甲冑にとても興味あるんだなと感心した。これだけ興味のある人が多いなら、これだけで本が一つ書けるよな、と思った。

IMG_2506_20180926222509065.jpg

 今回はきちんと講演料をいただきました。ありがとうございました。準備の時間がかかるので仕事として考えると割が合わないんだけど、学術講演なのでこの辺は名誉のお仕事として楽しませていただきました。講演料を出してくれるのは大変ありがたいでございます。なんせ全く出ないとことか、交通費しか出ないとか当たり前にありますからね。さすがその点は常識的な日本甲冑武具研究保存会様でございます。

 会場で書籍の販売をしてオッケと言われたので、重い本を持って行きました。思いのほか売れたので、こちらがボーナスみたいになりました。書籍は販売から1年が経つのに、未だにこの本の存在すら知らない人がこんなにいるのかと、これもまたビックリした。世の中情報が多すぎて必要な情報って逆に入手できない時代なのかもね。

cqRIHsVZbt1gQLE1537166176_1537166254 (1)

 今回参加者が多くて緊張したので、もうやりたくないです。人前苦手です(笑)。
 会場に足を運んでくださいました方々にお礼を申し上げます。
 ありがとうございました。





※文章画像の無断転載厳禁

.02 2018 展覧会・イベント comment0 trackback0

日本甲冑武具研究保存会・9月本部月例研究会のお知らせ。勉強会『西洋甲冑入門〜歴史的変遷と構造』

 ひょんなことから、日本甲冑武具研究保存会による、9月本部月例研究会で『西洋甲冑入門〜歴史的変遷と構造』の勉強会が行われることになりました。甲冑研究会では西洋甲冑を取り上げるのが初めての貴重な勉強会だそうです。

 内容は前半と後半に分かれ、西洋甲冑の変遷の概要と、休憩を挟んで質疑応答の二部構成になっています。通常は日本甲冑武具研究保存会会員の方の勉強会ですが、知識の啓蒙として非会員の一般参加も可能だそうですので、西洋甲冑の入門知識を学んでみたい方は、是非とも参加してくださいな。私も行きますよ♪
ヽ(*°ω°)ノ

詳細は公式サイトに出ていますが、下記に概要を伝えしておきます。

Dy4VMJImS8cRlVn1504081221_1504081486.jpg

テーマ『西洋甲冑入門〜歴史的変遷と構造』
講師:奥主博之氏(西洋甲冑武器研究家)

日時:9月16日(日)2018年、午後3時~5時

会場:水稲荷神社 参集室(水稲荷マンション1階) 新宿区西早稲田3-4-1

交通:/東京メトロ 早稲田駅 徒歩9分 西早稲田駅 徒歩12分
   /都電 早稲田駅 徒歩5分 面影橋駅 徒歩6分

会費:会員1,000円、非会員(一般)2,000円

担当:松本・棟方

こんな感じです。
公式サイト→こちら





※文章画像の無断転載厳禁

.01 2018 展覧会・イベント comment0 trackback0

シンセティックソード(模擬剣)を売却します その2

 以前に余剰分を希望者に譲ったシンセティックソードですが、あっという間に完売になったので改めて輸入しました。今回は前回と同じロングソード(中サイズ)と、ついでに輸入したロングソード(小サイズ)の2種類でございます。どちらもサイズはそんなに変わらないけど、(小サイズ)はわずかにコンパクトだから女性向きかな。
(´ ▽`).。

 希望者は下記の流れを読んで理解したら注文フォームから連絡くださいな。これらの品は私の手元に渡っているので、利用してないけど、形式的には中古(新古品)になるですよ。その辺もご理解よろしくです。
(・ω・)ノ

在庫あと僅か。
↓上段が中サイズで、下段が小サイズです。
MnPzSU5MBLj6EyC1534653866_1534653979.jpg

◆ロングソード(中サイズ)概要
全長:約126cm
刃渡り:約96cm
重量:約1350g
材質:刃はナイロン、鍔と柄頭は鋼
◆15世紀後半にかけて利用された一般的なロングソードを模したシンセティックソード(模擬剣)です。現代のロングソードで最も一般的なサイズとして用いられています。重量も実物に近いですが、安全のため十字鍔がほんの少し実物より太いため、剣の重心は若干手元側によってます。このため実物よりわずかに剣の取り回しが楽で、練習には都合が良いでしょう。手頃なサイズなのでコスプレ小道具にも向いているかもしれませんね。
◆譲渡価格:@1万8千円

◆ロングソード(小サイズ)概要
全長:約110cm
刃渡り:約86cm
重量:約1100g
材質:刃はナイロン、鍔と柄頭は鋼
◆譲渡価格:@1万8千円

◆購入は下記の流れとなります。
・注文フォームから申し込みをしてください。
・確認案内の詳細メールをこちらから返信します。
・申し込みに誤りがなければ、指定の金額を振り込んで頂きます。
・入金確認後に発送します。
・輸入品なので、原則として返品交換はできません。
・品物が大きいので、送料は一律2000円にしました(手渡しもオッケ)。
・剣術教室に通う方は割引いたします。
  剣術教室案内→こちら

 以上です。

注文はこちら➡︎注文フォーム

注文フォームがよくわからない時は、このブログからコメント欄でおしらせください。返信用メルアドを記入して、非表示で送信してくださいませ。メールで対応します。

 数はそれほど多くありませんので、なくなり次第終了です。一応先着順ですが、返信や振込を放置する人がいるので、振込者優先です。その他わからないことがあったら、ここのページのコメント欄から非表示投稿でコメント送ってくださいませませ。返信メールアドレスへ返信します。完売後に希望があったら、改めて輸入しますね。





※文章画像の無断転載厳禁

.24 2018 販売品・売却品・在庫 comment4 trackback0
 HOME 

プロフィール

マクシミリアン1世

Author:マクシミリアン1世